お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 11:15
人工知能による学際統合 ~ 分野科学の課題 ~
得丸久文著述業IBISML2020-37
抄録 (和) 人類共有知を発展させるための学際統合する時代を迎えている.専門分野科学の研究成果を吟味して,共有知ゲノムをつくり,人類共有知を再生的に学習するため人工知能を利用した学際統合の手法を提案する. 
(英) It is time to integrate interdisciplinary sciences to develop Collective Human Intelligence. Research results of discipline sciences should be investigated and transformed into collective intelligence genome, so that one should be able to learn collective human intelligence in regenerative manner with the help of Artificial Intelligence.
キーワード (和) デジタル進化 / 言語的人類 / 人類共有知 / 知識再生型学習 / 独学 / 脊髄反射回路 / 知的ゲノム / ひらめき  
(英) Digital Evolution / Linguistic Human / Collective Human Intelligence / Regenerative Knowledge Learning / Self Learning / Spinal Sign Reflex / Intellectual Genome / Inspiration  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 395, IBISML2020-37, pp. 24-29, 2021年3月.
資料番号 IBISML2020-37 
発行日 2021-02-23 (IBISML) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2020-37

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2021-03-02 - 2021-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機械学習に関するオーガナイズドセッションおよび一般 
テーマ(英) Organized and general sessions on machine learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2021-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人工知能による学際統合 
サブタイトル(和) 分野科学の課題 
タイトル(英) Interdisciplinary Integration by Artificial Intelligence 
サブタイトル(英) Tasks of Discipline Science 
キーワード(1)(和/英) デジタル進化 / Digital Evolution  
キーワード(2)(和/英) 言語的人類 / Linguistic Human  
キーワード(3)(和/英) 人類共有知 / Collective Human Intelligence  
キーワード(4)(和/英) 知識再生型学習 / Regenerative Knowledge Learning  
キーワード(5)(和/英) 独学 / Self Learning  
キーワード(6)(和/英) 脊髄反射回路 / Spinal Sign Reflex  
キーワード(7)(和/英) 知的ゲノム / Intellectual Genome  
キーワード(8)(和/英) ひらめき / Inspiration  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-02 11:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IBISML2020-37 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.24-29 
ページ数
発行日 2021-02-23 (IBISML) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会