お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 14:05
[ポスター講演]通る声を持つ話者の声質の心理的評価
中尾 天北村達也甲南大EA2020-72 SIP2020-103 SP2020-37
抄録 (和) 男女各140名の文音声から「通る声」を持つ話者を抽出させる聴取実験を行い,その上位の男女各5名,下位の男女各5名を選択した.それらの話者の音声を対象に13の表現語対を用いて印象評定実験を行った.因子分析の結果,第1因子として美的因子,第2因子として金属性・迫力因子が抽出された.第1因子,第2因子の平面上に各話者を布置した結果,第1因子は男女の違いに対応し,第2因子が通る声か否かに対応した.従って,通る声は金属性・迫力因子を持つ声質といえる. 
(英) The present study evaluated the "popping-out" voice quality through auditory tests using a semantic differential method. Participants selected speakers who have popping-out voice from 280 speakers (140 male and 140 female) of ATR speech database set C, and then evaluated speech sounds of speakers who have and do not have popping-out voice by thirteen bipolar adjective pairs. Results of a factor analysis suggested that the popping-out voice quality has metallic and powerful qualities.
キーワード (和) 声質 / SD法 / 因子分析 / 金属性因子 / 迫力因子 / / /  
(英) Voice quality / Semantic differential method / Factor analysis / Metallic voice quality / Powerful voice quality / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 399, SP2020-37, pp. 74-78, 2021年3月.
資料番号 SP2020-37 
発行日 2021-02-24 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2020-72 SIP2020-103 SP2020-37

研究会情報
研究会 EA US SP SIP IPSJ-SLP  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,超音波,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2021-03-EA-US-SP-SIP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通る声を持つ話者の声質の心理的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Psychological evaluation of popping-out voice quality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 声質 / Voice quality  
キーワード(2)(和/英) SD法 / Semantic differential method  
キーワード(3)(和/英) 因子分析 / Factor analysis  
キーワード(4)(和/英) 金属性因子 / Metallic voice quality  
キーワード(5)(和/英) 迫力因子 / Powerful voice quality  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 天 / Takashi Nakao / ナカオ タカシ
第1著者 所属(和/英) 甲南大学 (略称: 甲南大)
Konan University (略称: Konan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 達也 / Tatsuya Kitamura / キタムラ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 甲南大学 (略称: 甲南大)
Konan University (略称: Konan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-03 14:05:00 
発表時間 90分 
申込先研究会 SP 
資料番号 EA2020-72, SIP2020-103, SP2020-37 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.397(EA), no.398(SIP), no.399(SP) 
ページ範囲 pp.74-78 
ページ数
発行日 2021-02-24 (EA, SIP, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会