お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 14:10
放射近傍界における任意の受電面に対する送電ビーム最適化手法
兒島清志朗三谷友彦篠原真毅京大WPT2020-38
抄録 (和) 放射近傍界の任意の受電面に対して, ビーム収集効率(BCE)を最大化する送電ビーム最適化手法を提案する. 従来研究では詳細に検討されていない任意の受電面に対して数値計算による最適化結果について述べる. また, 提案手法ではアクティブエレメントパターンを素子パターンに用いることで, アンテナ間の相互結合を考慮した最適化が可能である. 電磁界解析によって, 相互結合を考慮した最適化を行うことで相互結合を考慮しない場合と比べ, BCEは8.71ポイント, 放射効率は8.61ポイント増加し, 反射損失は13.24ポイント減少した. その結果, 送電, 受電アンテナ間の伝送効率は14.71ポイント増加し, 提案手法の有効性を示した. 
(英) This report proposes an optimum beam synthesis method to maximize the beam collection efficiency (BCE) for an arbitrary receiving plane in radiating near field. The proposed method can take into account mutual coupling between antennas by using the active element patterns as the element patterns. We describe the optimization results for various receiving plane models in the radiating near field, which has not been investigated in detail. The electromagnetic simulation result shows that the optimization considering mutual coupling increased the BCE by 8.71 points and the radiation efficiency by 8.61 points, and decreased the reflection loss by 13.24 points compared with the case without considering mutual coupling. As a result, the transmission efficiency between the transmitting and receiving antennas increased by 14.71 points, which supports the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) アレーアンテナ / マイクロ波送電 / ビーム収集効率 / 放射近傍界 / 相互結合 / / /  
(英) array antenna / microwave power transmission / beam collection efficiency / radiative near field / mutual coupling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 416, WPT2020-38, pp. 26-31, 2021年3月.
資料番号 WPT2020-38 
発行日 2021-02-25 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2020-38

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2021-03-04 - 2021-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線電力伝送技術,SPS技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2021-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放射近傍界における任意の受電面に対する送電ビーム最適化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimum Beam Synthesis for An Arbitrary Receiving Plane in Radiating Near Field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アレーアンテナ / array antenna  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波送電 / microwave power transmission  
キーワード(3)(和/英) ビーム収集効率 / beam collection efficiency  
キーワード(4)(和/英) 放射近傍界 / radiative near field  
キーワード(5)(和/英) 相互結合 / mutual coupling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兒島 清志朗 / Seishiro Kojima / コジマ セイシロウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-04 14:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WPT 
資料番号 WPT2020-38 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.26-31 
ページ数
発行日 2021-02-25 (WPT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会