お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-04 15:45
動電型スピーカの非線形特性の非線形IIRフィルタによるモデリング
岩居健太西浦敬信立命館大EA2020-86 SIP2020-117 SP2020-51
抄録 (和) 本稿では, 動電型スピーカの非線形特性の非線形IIRフィルタによるモデリング方法を提案する. 動電型スピーカの非線形特性の表現方法として, 等価回路理論に基づく非線形微分方程式による方法がある. この方法では, 多次元ラプラス変換と組み合わせることで, 非線形フィルタの入出力モデルとして非線形特性を表現できる. これまでに, 我々はこのモデルの離散時間表現を検討し, これが多次元IIRフィルタとなることを示している. しかし, このときの係数が非常に複雑であり, モデルの数理的な解析が困難である. 本稿では, 動電型スピーカの非線形歪み低減フィルタである非線形IIRフィルタの非線形歪み補正原理を応用し, 動電型スピーカの非線形特性を表す多次元ディジタルフィルタを導く. これにより得られた多次元フィルタは, 先行研究と同様に多次元IIRフィルタとなっており, さらにその係数が非常に簡潔にまとめられている. 計算機実験により, 本手法の基礎となっている非線形微分方程式モデルによる計算結果と比較し, 提案モデルが基礎モデルとほぼ同様の特性を表現可能であることを示す. 
(英) In this paper, we introduce the nonlinear modeling of an electro-dynamic loudspeaker by a nonlinear IIR filter. There are some approaches for the nonlinear modeling of the electro-dynamic loudspeaker, for example, a nonlinear differential equation model based on the equivalent circuit of the loudspeaker. In this method, the nonlinear characteristic of the loudspeaker is represented as a nonlinear filter combined with the multi-dimensional Laplace transform. We have studied the discrete time domain version of this nonlinear model and showed this model can be represented as the multi-dimensional infinite impulse response (IIR) filter. However, its coefficients should be represented by complicated equations and it is difficult to use this model for analyzing the nonlinear characteristic of the loudspeaker. In this paper, we obtain the multi-dimensional digital filter for the electro-dynamic loudspeaker based on the principle of the nonlinear IIR filter which is the nonlinear digital filter for compensating for the nonlinear distortion of the electro-dynamic loudspeaker. By our approach, the multi-dimensional digital filter is obtained as the nonlinear model and its dimension is completely same as the model obtained by the previous study. Moreover, the novel multi-dimensional digital filter can be represented by the simpler equations compared with that of the previous one. Simulation results show that this model can represent the nonlinear characteristics of the electro-dynamic loudspeaker similarly to the nonlinear differential equation model.
キーワード (和) 動電型スピーカ / 非線形IIRフィルタ / 非線形歪みモデル / 等価回路 / Volterraフィルタ / / /  
(英) Electro-dynamic loudspeaker / nonlinear IIR filter / model for compensation of nonlinear distortions / equivalent circuit / Volterra filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 398, SIP2020-117, pp. 158-163, 2021年3月.
資料番号 SIP2020-117 
発行日 2021-02-24 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2020-86 SIP2020-117 SP2020-51

研究会情報
研究会 EA US SP SIP IPSJ-SLP  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,超音波,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2021-03-EA-US-SP-SIP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動電型スピーカの非線形特性の非線形IIRフィルタによるモデリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonlinear Modeling of Electro-dynamic Loudspeaker by Nonlinear IIR Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動電型スピーカ / Electro-dynamic loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) 非線形IIRフィルタ / nonlinear IIR filter  
キーワード(3)(和/英) 非線形歪みモデル / model for compensation of nonlinear distortions  
キーワード(4)(和/英) 等価回路 / equivalent circuit  
キーワード(5)(和/英) Volterraフィルタ / Volterra filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩居 健太 / Kenta Iwai / イワイ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-04 15:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SIP 
資料番号 EA2020-86, SIP2020-117, SP2020-51 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.397(EA), no.398(SIP), no.399(SP) 
ページ範囲 pp.158-163 
ページ数
発行日 2021-02-24 (EA, SIP, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会