お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-06 13:45
授業振り返り支援のための授業中における生徒の受講行動検出に関する検討
謝 心怡大井 翔立命館大)・後藤壮史王寺小)・野間春生立命館大ET2020-69
抄録 (和) 小学校,中学校,高等学校の初心者教師は,初日から「先生」として教壇に立って授業を行うが,実践するまでに経験が少なく,授業力が高くない.例えば,小学校では週25時間前後の授業をこなす必要がある.授業力をつけるためには,実際に現場で授業を実践したり,他人の授業を観察したりなどを行う.本研究では,授業の振り返り支援のために,授業中における生徒の状態について検出することを目的とする.具体的には,授業中の映像をカメラで撮影し,YOLOアルゴリズムで人の領域を抽出し,抽出した領域に対して,HoGにより特徴量を算出し,SVMによって分類した.結果として,6つの生徒の状態を精度83.3%で検出することができた. 
(英) Beginner teachers are low teaching ability than expert teachers because they are a few teaching experiences in practice. For instance, teachers in elementary school must lecture 25 units per week. To improve a beginner teacher's class quality, they experience the class in an actual scene and observe other teachers' classes. This study aims to detect students' state during a class for a reflection support system. In particular, this study takes video using a camera and extracts a person's regions with YOLO algorithm. Then, this system calculated a histogram of gradients features against extracted regions and classified eight students' states using a support vector machine. As a result, this study could detect eight students' states with an accuracy of 83.3 percent.
キーワード (和) 受講行動検出 / 振り返り支援 / 行動検出 / 行動分析 / / / /  
(英) Students' class behavior detection / Feedback System / Action detection / Behavior Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 424, ET2020-69, pp. 97-102, 2021年3月.
資料番号 ET2020-69 
発行日 2021-02-27 (ET) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2020-69

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2021-03-06 - 2021-03-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 論理的思考力とプログラミング教育/一般 
テーマ(英) Logical Thinking Ability and Programming Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2021-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 授業振り返り支援のための授業中における生徒の受講行動検出に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Examination of the Detection of Students' Classroom Behavior for Class Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受講行動検出 / Students' class behavior detection  
キーワード(2)(和/英) 振り返り支援 / Feedback System  
キーワード(3)(和/英) 行動検出 / Action detection  
キーワード(4)(和/英) 行動分析 / Behavior Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 謝 心怡 / Xinyi Xie / シャ シンイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 翔 / Sho Ooi / オオイ ショウ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 壮史 / Takeshi Goto / ゴトウ タケシ
第3著者 所属(和/英) 奈良県王寺町立王寺小学校 (略称: 王寺小)
Oji Elementary School (略称: Oji E.S.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野間 春生 / Haruo Noma / ノマ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-06 13:45:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2020-69 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数
発行日 2021-02-27 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会