お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-15 11:00
バスへの乗り込み動作に基づく乗客の転倒リスク推定
横山美優愛知県立大)・稲見将宏山口秀明アイシン精機)・河中治樹小栗宏次愛知県立大ITS2020-39
抄録 (和) 乗合バス車内での転倒事故の多さが問題視されている.車内事故で重傷化しやすいのは,筋力や平衡感覚の衰えによって加速時の揺れに対応できず転倒しやすい乗客である.とくに発車時にそうした転倒事故が生じやすいため,発車前に乗客の転倒リスクを把握してそれに応じた運転をする必要がある.そこで本研究では,バス車内の監視カメラ映像を利用して,バスへの乗込動作から乗客の転倒リスクを推定する手法を提案する.Mini-BESTest の得点を転倒リスクとし,リスクの高い乗客を検出するとともに,乗客の得点を機械学習により推定する.実験の結果,乗り込み動作から転倒リスクを推定する提案手法の有効性を確認した. 
(英) The number of fall accidents inside of the bus has been regarded as a problem. Passengers those who cannot cope with the swing during acceleration due to the weakening of their muscle strength and sense of balance easily fall over, and be seriously injured in an in-vehicle accident. In particular, such a fall accident is likely to occur at the time of start, so it is necessary to understand the risk of a passenger falling before start and drive accordingly. Therefore, in this study, we propose a method to estimate the passengers’ fall risk from the motion of boarding the bus by using the surveillance camera image inside it. The score of Mini-BESTest is used as the fall risk, passengers with high risk are detected, and the passengers’ score are estimated by machine learning. As experimental results, the effectiveness of the proposed method of estimating the fall risk from the boarding motion was confirmed.
キーワード (和) 転倒リスク / Mni-BESTest / 乗車動作 / / / / /  
(英) Fall Risk / Mini-BESTest / Boarding motion / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 428, ITS2020-39, pp. 17-22, 2021年3月.
資料番号 ITS2020-39 
発行日 2021-03-08 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2020-39

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2021-03-15 - 2021-03-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ITS情報処理,一般 
テーマ(英) Information Processing for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2021-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バスへの乗り込み動作に基づく乗客の転倒リスク推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimating Passenger's Fall Risk based on the Motion of Boarding a Bus 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 転倒リスク / Fall Risk  
キーワード(2)(和/英) Mni-BESTest / Mini-BESTest  
キーワード(3)(和/英) 乗車動作 / Boarding motion  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 美優 / Miyu Yokoyama / ヨコヤマ ミユ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲見 将宏 / Masahiro Inami / イナミ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Company Limited (略称: Aisin Seiki Co., Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 秀明 / Hideaki Yamaguchi / ヤマグチ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Company Limited (略称: Aisin Seiki Co., Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河中 治樹 / Haruki Kawanaka / カワナカ ハルキ
第4著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 宏次 / Koji Oguri / オグリ コウジ
第5著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-15 11:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ITS 
資料番号 ITS2020-39 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.428 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数
発行日 2021-03-08 (ITS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会