お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-15 13:30
異常検知による顎骨骨髄炎範囲の自動推定
星野秀晃盛田健人三重大)・武田大介長谷川巧実神戸大)・若林哲史三重大MI2020-53
抄録 (和) 顎骨骨髄炎は,口腔がんの放射線治療や骨吸収抑制薬の使用などにより発症する口腔外科領域における最も難治性の疾患である.近年,顎骨骨髄炎の治療法として顎骨切除が用いられているが,術前画像中から判別できる骨髄炎範囲が曖昧であるため,手術の長時間化等の問題が発生している.そのため,切除範囲の高精度な推定を可能とすることで,医師と患者の負担軽減を行うことが求められている.本研究では,深層距離学習と異常検知を組み合わせによる,術前における骨髄炎発生領域の推定手法を提案した.学習に顎骨炎症領域を用いないことから,先行研究の課題であった顎骨の正常領域と異常領域とのデータ不均衡性を解消した.被験者4名による顎骨CT画像を用いた実験の結果,骨髄炎発生有無をF値0.85の精度で推定でき,先行研究の精度を上回った. 
(英) In recent years, osteotomy has been used as a treatment for osteomyelitis of the jaw. However, the extent of osteomyelitis that can be determined from preoperative images is ambiguous, which causes problems such as lengthy surgery. Therefore, it is necessary to estimate the resection area with high accuracy. In this study, we proposed a method that combines deep metric learning and anomaly detection to estimate the area of osteomyelitis before surgery. As a result of experiments, we were able to estimate the presence or absence of osteomyelitis with F value of 0.85.
キーワード (和) 顎骨骨髄炎 / コンピュータ支援診断 / CT画像 / 異常検知 / / 深層学習 / /  
(英) Osteomyelitis of the jaw / Computer-aided diagnosis / CT imaging / Anomaly detection / / Deep learning / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 431, MI2020-53, pp. 25-28, 2021年3月.
資料番号 MI2020-53 
発行日 2021-03-08 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2020-53

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2021-03-15 - 2021-03-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 医用画像一般(メディカルイメージング連合フォーラム) 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2021-03-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異常検知による顎骨骨髄炎範囲の自動推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic estimation of the extent of osteomyelitis of the jaw by anomaly detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顎骨骨髄炎 / Osteomyelitis of the jaw  
キーワード(2)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-aided diagnosis  
キーワード(3)(和/英) CT画像 / CT imaging  
キーワード(4)(和/英) 異常検知 / Anomaly detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) 深層学習 / Deep learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 秀晃 / Hideaki Hoshino / ホシノ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 盛田 健人 / Kento Morita / モリタ ケント
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 大介 / Daisuke Takeda / タケダ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 巧実 / Takumi Hasegawa / ハセガワ タクミ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 哲史 / Tetsushi Wakabayashi / ワカバヤシ テツシ
第5著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-15 13:30:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 MI 
資料番号 MI2020-53 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.431 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数
発行日 2021-03-08 (MI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会