お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-05-11 09:55
フォークリフトに関する作業計測システム
麻生敏正東京海洋大LOIS2021-9
抄録 (和) 本稿では包括的なフォークリフトに関する作業計測システムを提案した上,実用性の高い要素作業推定手法を実装し,その性能評価を行っている.本システムは,作業推定機能とフォークリフト事故の危険性可視化機能を有する.作業者の胸ポケットにいれたスマートフォンより,フォークリフトオペレータの作業を3 種の要素作業(運転,歩行,手作業)に分類する手法を検討している.この手法は,要素作業の定性的な特徴に基づき,特に,合成加速度のピーク値に着目することで,パラメータ調整の手間を削減している.そして,実際の物流施設で実験を行い,実装した要素作業推定手法の性能を評価している.その結果,平均誤差率は3% 未満であり,高精度に要素作業推定ができることを確認している.以上より,本手法は現場改善に利用できることを確認している. 
(英) This paper describes inclusive work measurement system for forklift operations, work element estimation scheme, and its performance evaluation. This system has two functions. These are a work estimation function and a forklift risk assessment function. We discuss a work element estimation method that classifies forklift operator’s work into three work elements such as driving, walking, and manual handling. The work elements are calculated by sensors data of a smartphone in the breast pocket. This method uses qualitative features of the work elements. Peaks of resultant acceleration are utilized for reducing cost of parameter tuning. Experiment carried out in the logistics center. Its performance is evaluated. The results show that average error rate is less than 3%. Therefore, it is shown that this method is useful for operations improvement.
キーワード (和) フォークリフト / 作業計測 / 要素作業推定 / / / / /  
(英) forklift / work measurement / work element estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 12, LOIS2021-9, pp. 49-53, 2021年5月.
資料番号 LOIS2021-9 
発行日 2021-05-03 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2021-9

研究会情報
研究会 LOIS IPSJ-SPT IPSJ-GN  
開催期間 2021-05-10 - 2021-05-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィス情報システム、グループウェアとネットワークサービス、セキュリティ心理学とトラスト、ほか関連テーマ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2021-05-LOIS-SPT-GN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォークリフトに関する作業計測システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Work measurement system for forklift operations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォークリフト / forklift  
キーワード(2)(和/英) 作業計測 / work measurement  
キーワード(3)(和/英) 要素作業推定 / work element estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻生 敏正 / Toshimasa Aso / アソウ トシマサ
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science and Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-05-11 09:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 LOIS2021-9 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数
発行日 2021-05-03 (LOIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会