お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-19 15:00
音声中の論理成分は脳内でどう処理されるのか? ~ デジタル言語学 ~
得丸久文著述業SP2021-16
抄録 (和) 音声中の論理成分である音素と拍の獲得によって,人類は約 7 万年前に南アフリカで言語と知能のデジタル進化を開始した.それが脳内でどのように処理されるかの仮説として,脳室内免疫細胞ネットワークを提案する.言葉の音韻波形は,抗原の三次元構造となり,脳室内を浮遊する B リンパ球の抗体とネットワークして,ネットワーク記憶を蓄積する.五官の記憶と直接結びつかない科学概念の取り扱いには細心の注意を要する. 
(英) The digital evolution of language and intelligence of linguistic humans started 70 KA (thousand years ago) in South Africa with the acquisition of logical properties in speech, namely phoneme and mora. The author proposes the inside ventricle system immune cell networking hypothesis which explains how logical properties are processed in the brain. The word waveforms take the 3D structure of antigen, network with antibodies of B-lymphocytes floating inside the Cerebrospinal Fluid, and accumulate networking memories. We have to treat scientific concepts very carefully which don’t connect directly to sensory memories.
キーワード (和) デジタル言語学 / B リンパ球 / 脳室 / ネットワーク記憶 / 総合化 / 音韻波形 / 抗原抗体反応 / 科学概念  
(英) Digital Linguistics / B-Lymphocytes / Ventricle System / Networking Memories / Generalization / Sound Waveforms / Antigen-Antibody Responses / Scientific Concepts  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 66, SP2021-16, pp. 69-74, 2021年6月.
資料番号 SP2021-16 
発行日 2021-06-11 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2021-16

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP IPSJ-MUS  
開催期間 2021-06-18 - 2021-06-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音学シンポジウム2021 
テーマ(英) OTOGAKU Symposium 2021 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2021-06-SP-SLP-MUS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声中の論理成分は脳内でどう処理されるのか? 
サブタイトル(和) デジタル言語学 
タイトル(英) How logical properties in speech are processed in the brian 
サブタイトル(英) Digital Linguistics 
キーワード(1)(和/英) デジタル言語学 / Digital Linguistics  
キーワード(2)(和/英) B リンパ球 / B-Lymphocytes  
キーワード(3)(和/英) 脳室 / Ventricle System  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク記憶 / Networking Memories  
キーワード(5)(和/英) 総合化 / Generalization  
キーワード(6)(和/英) 音韻波形 / Sound Waveforms  
キーワード(7)(和/英) 抗原抗体反応 / Antigen-Antibody Responses  
キーワード(8)(和/英) 科学概念 / Scientific Concepts  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-06-19 15:00:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 SP 
資料番号 SP2021-16 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.66 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数
発行日 2021-06-11 (SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会