お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-06-24 14:00
光無線符号分割多元接続システムにおける複数受光器による特性改善手法
春日部大雅ベン ナイラ シャドリア岡田 啓片山正昭名大RCS2021-59
抄録 (和) 屋内の複数のセンサからの情報を,受信機が光無線通信を用いて収集する単方向のシステムを考える.各センサの信号は, 符号分割多元接続 (CDMA) 方式により非同期的に送信されるものとする.このシステムでは,各送信機と受信機の位置関係による受信信号光の強度差が通信品質劣化(遠近問題)の原因となる.そこで複数受光器を用い,空間ダイバーシチにより,誤り率特性改善を図る手法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案手法を評価し,複数受光器を用いて復調することによる特性改善の可能性を示した.また送信機と受光器の位置関係が性能に大きな影響を与えること等を明らかにした. 
(英) In this paper, we consider an indoor optical wireless communication system for data collection, utilizing the asynchronous code division multiple access (CDMA) method. In such system, the communication performance may significantly deteriorate due to the near-far problem occurring with the variation of propagation path length between each transmitter and receiver. In order to overcome this issue, we propose to improve the symbol error rate by exploiting the spatial diversity technique at the receiver side. The proposed method is evaluated by simulation. We demonstrate that the performance can be improved thanks to the use of multiple receiving nodes. We also show that the positional relationship between the transmitters and receivers have a significant impact on the communication quality.
キーワード (和) 光無線通信 / 符号分割多元接続 / 空間ダイバーシチ / 遠近問題 / センサネットワーク / Prime符号 / /  
(英) Optical Wireless Communication / Code-Division Multiple-Access(CDMA) / Spatial Diversity / Near-Far Problem / Sensor Network / Prime Code / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 72, RCS2021-59, pp. 180-185, 2021年6月.
資料番号 RCS2021-59 
発行日 2021-06-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-59

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-06-23 - 2021-06-25 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光無線符号分割多元接続システムにおける複数受光器による特性改善手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement Method Using Multiple Photodetectors for an Optical Wireless CDMA System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical Wireless Communication  
キーワード(2)(和/英) 符号分割多元接続 / Code-Division Multiple-Access(CDMA)  
キーワード(3)(和/英) 空間ダイバーシチ / Spatial Diversity  
キーワード(4)(和/英) 遠近問題 / Near-Far Problem  
キーワード(5)(和/英) センサネットワーク / Sensor Network  
キーワード(6)(和/英) Prime符号 / Prime Code  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日部 大雅 / Taiga Kasukabe / カスカベ タイガ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベン ナイラ シャドリア / Chedlia Ben Naila / ベン ナイラ シャドリア
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / 片山 正昭
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-06-24 14:00:00 
発表時間 10分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2021-59 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.180-185 
ページ数
発行日 2021-06-16 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会