お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-30 11:00
End-to-end転送時間揺らぎ値をµsオーダーで保証するキュー読み出し制御手法の評価実験
那須 豊栗本 崇岡本 聡山中直明慶大PN2021-13
抄録 (和) 第五世代移動通信システム(5G)での主要性能の一つに“超低遅延”があり,その内のUltra-Low Latency(ULL)という遅延揺らぎ値を保証するべきアプリケーションがある.本論文では,パケットの衝突遅延を削減することで低遅延を実現する技術であるTime Aware Shaper(TAS)とその課題点について述べ,さらにTASでの課題点を解決する技術として,Asynchronous Traffic Shaper(ATS)について紹介する.ATSにはパケット単位で処理を変更するような機能は無いため,遅延を保証できない様な課題が存在する.そこで本論文では,ATSの機能にパケット単位で処理を変更させる機能を加えることによって,ATSの課題点を解決するパケット制御技術について提案する.さらに提案方式が遅延揺らぎを削減できていることから,ネットワークにフローを収容していく場合の収容数についてのシミュレーション,およびOpenBlocks AX3を用いた遅延揺らぎについての実験について述べる. 
(英) One of the main performances of the 5th generation mobile communication system (5G) is "ultra-low latency", and there is an application called Ultra-Low Latency (ULL) that should guarantee the jitter value. In this paper, we describe Time Aware Shaper (TAS), which is a technology that realizes low latency by reducing packet collision latency, and its problems, and introduce Asynchronous Traffic Shaper (ATS) as a technology to solve the problems in TAS. Since ATS does not have a function to change the processing on a packet-by-packet basis, there is a problem that the latency cannot be guaranteed. Therefore, in this paper, we propose a packet control technology that solves the problems of ATS by adding a function to change the processing on a packet-by-packet basis to the ATS function. Furthermore, since the proposed method can reduce the jitter, we describe a simulation of the number of accommodations when the flow is accommodated in the network and an experiment on the jitter using OpenBlocks AX3.
キーワード (和) 低遅延 / Time Aware Shaper / Asynchronous Traffic Shaper / IEEE802.1Qcr / / / /  
(英) Low latency / Time Aware Shaper / Asynchronous Traffic Shaper / IEEE802.1Qcr / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 165, PN2021-13, pp. 7-14, 2021年8月.
資料番号 PN2021-13 
発行日 2021-08-23 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2021-13

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2021-08-30 - 2021-08-31 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2021-08-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) End-to-end転送時間揺らぎ値をµsオーダーで保証するキュー読み出し制御手法の評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation experiment of queue read control method that guarantees end-to-end transfer time fluctuation value in µs order 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低遅延 / Low latency  
キーワード(2)(和/英) Time Aware Shaper / Time Aware Shaper  
キーワード(3)(和/英) Asynchronous Traffic Shaper / Asynchronous Traffic Shaper  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.1Qcr / IEEE802.1Qcr  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 豊 / Yutaka Nasu / ナス ユタカ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗本 崇 / Takashi Kurimoto / クリモト タカシ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第4著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-30 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2021-13 
巻番号(vol) 121 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数
発行日 2021-08-23 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会