お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-09-09 14:40
[招待講演]マルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の展開
丸田一輝東工大CQ2021-46
抄録 (和) 近年の周波数資源の枯渇に伴い,基地局側に超多素子のアンテナを備えるMassive MIMO技術の導入が有望視されている.多素子化の効果としては,特に高周波数帯でのビームフォーミングによる信号電力の向上やストリーム数増加による高次の空間多重伝送等が挙げられる.複数ユーザを空間多重するマルチユーザMIMOでは,ユーザの移動等によるチャネルの時間変動に起因してユーザ間干渉が生じ,伝送性能が劣化するという課題が大きな障壁となっている.この課題に対し,超多素子アンテナの膨大な空間自由度を活用し,過去のチャネル状態情報に基づいてヌル空間を拡張することでユーザの移動に対しても干渉抑圧効果を維持可能とする手法を提案した.本稿では,ヌル空間拡張法の基本原理と,さらなる性能改善や適用領域拡大に向けた手法を紹介するとともに,今後の展開について述べる. 
(英) Massive multiple-input multiple-output (MIMO) technology with base stations having more than a hundred antennas has been a promising solution to improve spectral efficiency. Massive array brings the benefit of improving the signal gain by beamforming, especially in the higher frequency band, as well as increasing the number of signal streams for spatial multiplexing. A significant challenge of the multiuser MIMO is the interference leakage among user terminals caused by the channel time variation due to their mobility, which significantly degrades the transmission performance. A previous study proposed a null-space expansion that can maintain the inter-user interference suppression effect even under the mobility environment. It performs null-steering to past interference channel state information, fully exploiting the huge spatial degree of freedom that massive antenna elements bring.
This paper presents the fundamental principle of the null-space expansion scheme, its extension for further capability enhancement, and its potential for advancement.
キーワード (和) Massive MIMO / ヌル空間拡張 / チャネル時変動 / / / / /  
(英) Massive MIMO / Null-space expansion / Time varying channel / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 173, CQ2021-46, pp. 46-46, 2021年9月.
資料番号 CQ2021-46 
発行日 2021-09-02 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2021-46

研究会情報
研究会 CQ MIKA  
開催期間 2021-09-09 - 2021-09-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信品質、6G、IoT、無線伝送、リソース制御、クロスレイヤー技術、一般 
テーマ(英) Wireless Communications Quality, 6G, IoT, Resource Management, Wireless Transmission, Cross layer Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2021-09-CQ-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMassive MIMOヌル空間拡張法の展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advancement of Multiuser Massive MIMO Null-Space Expansion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) ヌル空間拡張 / Null-space expansion  
キーワード(3)(和/英) チャネル時変動 / Time varying channel  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-09-09 14:40:00 
発表時間 35分 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2021-46 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.173 
ページ範囲 p.46 
ページ数
発行日 2021-09-02 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会