お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-08 14:20
ESV向けスペクトラム圧縮伝送における周波数利用効率改善効果
柳田憲治杉山隆利工学院大SAT2021-51
抄録 (和) 無線通信システムを構築するのに必要な有限資源である周波数帯域の枯渇問題を解決するため,送信スペクトラムの所要帯域幅をナイキスト帯域幅未満に圧縮して周波数利用効率の向上を図るスペクトラム圧縮伝送技術が提案されている.これまでのスペクトラム圧縮伝送技術の検討では,離島通信向けの固定衛星通信システムを想定したAWGN(Additive White Gaussian Noise)環境での評価に留まっていた.本稿では,スペクトラム圧縮伝送技術の適用領域をESV(Earth Stations on board Vessels)向けに拡張するため,2波モデルにおけるスペクトラム圧縮伝送技術のBER(Bit Error Rate)特性を計算機シミュレーションより評価し,そこから得られる周波数利用効率を定量評価したので報告する. 
(英) In order to solve the problem of depletion of the frequency bandwidth, which is a finite resource necessary for the use of wireless communication systems, spectrum suppressed transmission technology has been proposed to reduce the required bandwidth than Nyquist bandwidth and has improved the frequency utilization efficiency. Conventionally, spectrum suppressed transmission has been evaluated in only AWGN (Additive White Gaussian Noise) environment assuming fixed satellite communications such as remote island networks. In this paper, to expand the application areas of the spectrum suppressed transmission to ESV (Earth Stations on board Vessels) systems, its BER (Bit Error Rate) performances are obtained by computer simulation. Moreover, the frequency utilization efficiency of the spectrum suppressed transmission for ESV is confirmed.
キーワード (和) スペクトラム圧縮伝送 / ESV / 2波モデル / BER特性 / 周波数利用効率 / / /  
(英) Spectrum suppressed transmission / ESV / Two-ray model / BER performance / Frequency utilization efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 189, SAT2021-51, pp. 42-46, 2021年10月.
資料番号 SAT2021-51 
発行日 2021-09-30 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2021-51

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 衛星通信技術及び一般(JC-SAT2021:韓国KOSST連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2021-10-SAT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ESV向けスペクトラム圧縮伝送における周波数利用効率改善効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frequency Utilization Efficiency of Spectrum Suppressed Transmission for ESV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトラム圧縮伝送 / Spectrum suppressed transmission  
キーワード(2)(和/英) ESV / ESV  
キーワード(3)(和/英) 2波モデル / Two-ray model  
キーワード(4)(和/英) BER特性 / BER performance  
キーワード(5)(和/英) 周波数利用効率 / Frequency utilization efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳田 憲治 / Kenji Yanagida / ヤナギダ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学大学院 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学大学院 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-08 14:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2021-51 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.42-46 
ページ数
発行日 2021-09-30 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会