お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-14 10:25
全域通過特性に基づく非整数遅延ディジタルフィルタの係数量子化に対する性能評価
越田俊介八戸工大CAS2021-18 NLP2021-16
抄録 (和) 本稿では,全域通過特性の伝達関数によって設計されるIIR形の非整数遅延ディジタルフィルタの性能について,フィルタ係数の量子化による影響を考慮した上で評価する.ディジタルフィルタにおいて,係数量子化によって生ずる特性劣化の大きさはフィルタ構造に依存する.そこで本稿では,直接形やラティス形などの代表的なフィルタ構造を用いて非整数遅延ディジタルフィルタを実現し,かつフィルタ係数を有限のビット長に量子化する.このようにして構成された非整数遅延ディジタルフィルタの性能を,振幅特性および群遅延特性に基づいて評価する. 
(英) In this paper, performance of IIR fractional delay digital filters given by all-pass transfer functions is evaluated in consideration of quantization effects of filter coefficients. In digital filters, characteristic degradation caused by coefficient quantization depends on filter structures. Hence, in this paper, fractional delay digital filters are realized using standard filter structures such as direct-form structure and lattice structure, and each filter coefficient is quantized to finite bit precision. Performance of fractional delay digital filters given in this way is evaluated in terms of magnitude response and group delay response.
キーワード (和) 非整数遅延ディジタルフィルタ / 全域通過 / 群遅延 / 係数量子化 / フィルタ構造 / / /  
(英) fractional delay digital filter / all-pass / group delay / coefficient quantization / filter structure / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 196, CAS2021-18, pp. 7-11, 2021年10月.
資料番号 CAS2021-18 
発行日 2021-10-07 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2021-18 NLP2021-16

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2021-10-14 - 2021-10-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2021-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全域通過特性に基づく非整数遅延ディジタルフィルタの係数量子化に対する性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of All-Pass Fractional Delay Digital Filters under Coefficient Quantization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非整数遅延ディジタルフィルタ / fractional delay digital filter  
キーワード(2)(和/英) 全域通過 / all-pass  
キーワード(3)(和/英) 群遅延 / group delay  
キーワード(4)(和/英) 係数量子化 / coefficient quantization  
キーワード(5)(和/英) フィルタ構造 / filter structure  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 俊介 / Shunsuke Koshita / コシタ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 八戸工業大学 (略称: 八戸工大)
Hachinohe Institute of Technology (略称: Hachinohe Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-14 10:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2021-18, NLP2021-16 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.196(CAS), no.197(NLP) 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数
発行日 2021-10-07 (CAS, NLP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会