お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-28 13:30
超皮質性失語症は血液脳関門の破壊によっておきるのか ~ 脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 ~
得丸久文著述業MBE2021-20
抄録 (和) 筆者が 2012 年から提唱している仮説は,言語処理や知能構築は脳内において,脳室内のリンパ球と神経細胞との相互作用によってなされているという説である.仮説は臨床で得られた知見によって検証される必要がある.正常圧水頭症の治療として世界的に行われているシャント術のあと,失読症を伴う失語症が起きるという事例がある.仮説に照らして解釈すると,シャントが血液脳関門を破壊してリンパ球を腹腔にタレ流しすることによって超皮質性の失語症が発祥したと考えられる. 
(英) The author has been proposing, since 2012, a hypothesis, which explains that linguistic processing and intelligence build-up are operated as the interactions among lymphocytes and neurons inside the ventricle-system. Hypotheses should be examined and verified with the clinical knowledge. It is reported that after the shunt operation for a Normal Pressure Hydrocephalus (NPH) patient, aphasia accompanying dyslexia occurred. According to my hypothesis, Hyper-cortical Aphasia
occurred as Lymphocytes had been discharged through the shunt bypassed the Blood Brain Barrier.
キーワード (和) デジタル言語学 / 脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 / 失語症 / 失読症 / 正常圧水頭症 / シャント / 概念 / 群論理  
(英) Digital Linguistics / Inside the Ventricle System Immune Cell Network Hypothesis / Aphasia / Dyslexia / Normal Pressure Hydrocephalus / Shunt / Concept / Group Logic  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 222, MBE2021-20, pp. 16-19, 2021年10月.
資料番号 MBE2021-20 
発行日 2021-10-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2021-20

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2021-10-28 - 2021-10-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) NC,ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2021-10-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超皮質性失語症は血液脳関門の破壊によっておきるのか 
サブタイトル(和) 脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 
タイトル(英) Is the collapse of Blood Brain Barrier the reason of Hypercortical Aphasia? 
サブタイトル(英) Inside the brain ventricle system immune cell network hypothesis 
キーワード(1)(和/英) デジタル言語学 / Digital Linguistics  
キーワード(2)(和/英) 脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 / Inside the Ventricle System Immune Cell Network Hypothesis  
キーワード(3)(和/英) 失語症 / Aphasia  
キーワード(4)(和/英) 失読症 / Dyslexia  
キーワード(5)(和/英) 正常圧水頭症 / Normal Pressure Hydrocephalus  
キーワード(6)(和/英) シャント / Shunt  
キーワード(7)(和/英) 概念 / Concept  
キーワード(8)(和/英) 群論理 / Group Logic  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-28 13:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2021-20 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.222 
ページ範囲 pp.16-19 
ページ数
発行日 2021-10-21 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会