お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-15 16:30
Pi-phase shift in NbN-based Josephson junctions with weak ferromagnet Pd89Ni11 interlayer
Duong PhamRiku SugimotoKenjiro ObaYuto TakeshitaFeng LiMasamitsu TanakaTaro YamashitaAkira FujimakiNagoya Univ.SCE2021-10
抄録 (和) We demonstrated the $B&P(B-phase shift in NbN-based Josephson junction with a weak ferromagnetic Pd89Ni11 interlayer (NbN/PdNi/NbN junctions). The NbN/PdNi/NbN junctions with PdNi thicknesses of 10 - 40 nm were fabricated and studied. The junction show a clear overdamped current-voltage characteristic, which is typically for the SFS junction. We observed a non-monotonic dependence of critical currents on PdNi thicknesses, indicating the interplay of superconductivity and ferromagnetism. From the fitting an expression of the Usadel equation on the experimental data, the 0- and $B&P(B-region with respect to PdNi thickness could be expected. We selected junctions with PdNi thickness in the expected $B&P(B-region and fabricated SFS-SQUIDs for measuring the magnetic field-dependent critical currents. A $B&P(B-phase shift has been observed in the modulation pattern of SFS-SQUID, which is evidence for the $B&P(B-state of the junction. 
(英) We demonstrated the $B&P(B-phase shift in NbN-based Josephson junction with a weak ferromagnetic Pd89Ni11 interlayer (NbN/PdNi/NbN junctions). The NbN/PdNi/NbN junctions with PdNi thicknesses of 10 - 40 nm were fabricated and studied. The junction show a clear overdamped current-voltage characteristic, which is typically for the SFS junction. We observed a non-monotonic dependence of critical currents on PdNi thicknesses, indicating the interplay of superconductivity and ferromagnetism. From the fitting an expression of the Usadel equation on the experimental data, the 0- and $B&P(B-region with respect to PdNi thickness could be expected. We selected junctions with PdNi thickness in the expected $B&P(B-region and fabricated SFS-SQUIDs for measuring the magnetic field-dependent critical currents. A $B&P(B-phase shift has been observed in the modulation pattern of SFS-SQUID, which is evidence for the $B&P(B-state of the junction.
キーワード (和) Ferromagnetic Josephson junction / SQUIDs / Pi-junctions / / / / /  
(英) Ferromagnetic Josephson junction / SQUIDs / Pi-junctions / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 248, SCE2021-10, pp. 15-18, 2021年11月.
資料番号 SCE2021-10 
発行日 2021-11-08 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2021-10

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2021-11-15 - 2021-11-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 超伝導エレクトロニクス一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2021-11-SCE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pi-phase shift in NbN-based Josephson junctions with weak ferromagnet Pd89Ni11 interlayer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ferromagnetic Josephson junction / Ferromagnetic Josephson junction  
キーワード(2)(和/英) SQUIDs / SQUIDs  
キーワード(3)(和/英) Pi-junctions / Pi-junctions  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Duong Pham / Duong Pham /
第1著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Riku Sugimoto / Riku Sugimoto /
第2著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Kenjiro Oba / Kenjiro Oba /
第3著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Yuto Takeshita / Yuto Takeshita /
第4著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Feng Li / Feng Li /
第5著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Masamitsu Tanaka / Masamitsu Tanaka /
第6著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Taro Yamashita / Taro Yamashita /
第7著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Akira Fujimaki / Akira Fujimaki /
第8著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-15 16:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SCE 
資料番号 SCE2021-10 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.248 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数
発行日 2021-11-08 (SCE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会