お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-16 11:30
大容量時空間データ滞留の為のデータ完全性に基づく選択的送信手法
金安歩尚野林大起塚本和也池永全志九工大
抄録 (和) IoT技術の発展と普及に伴い,多種多様なデバイスがネットワークに接続されるようになってきた.それらのIoTデバイスから生成されるデータの中には,データが生成された場所や時間に依存するデータ(時空間データ)が存在する.時空間データは地理的な場所に基づいて作用するアプリケーションにおいて,生成された場所でリアルタイムに散布及び取得することでより効果的な活用が可能になる.そこで我々は,時空間データの地産地消を目指し,車両を活用した時空間データ滞留方式を提案してきた.また,単一パケットに格納可能なサイズの時空間データを対象に,その性能の評価を行ってきた.しかし,時空間データにはセンシング情報や動画像等の多様な種別・サイズのデータが存在する.これらの時空間データを滞留させるためには,大容量のデータを取り扱うための送信制御手法が必要となる.そこで本研究では,データ完全性に基づく選択的な送信制御によって大容量の時空間データ滞留を効率的に実現する手法を提案する.またシミュレーション評価により,提案方式が不完全なデータ送信の削減によってパケット衝突を抑制し,大容量の時空間データを効率的に滞留させることを明らかにした. 
(英) With the development and spread of IoT technology, various devices have been connected to networks. Some data generated from IoT devices depends on geographical location and time (Spatio-temporal Data, STD). For location-dependent applications, it is effective to spread and acquire STD at the location in real-time. Therefore, to aim for local production and consumption of STD, we have proposed the STD retention system using vehicles and evaluated its performance with STD consisting of a single packet. However, there are various types and sizes of STD such as sensing data, photos, video, and so on. To retain these STD efficiently, a transmission control method considering large-capacity data is necessary. Hence, in this paper, we propose a selective data transmission control method to realize large STD retention based on data completeness. Finally, we evaluated our proposed method using simulations. The simulation result clarifies that our proposed method can suppress packet collisions by reducing incomplete data transmission and retain large STD efficiently.
キーワード (和) 車両ネットワーク / データの地産地消 / 時空間データ滞留 / / / / /  
(英) Vehicle Network / Local Production and Consumption of Data / Spatio-Temporal Data Retension / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RISING  
開催期間 2021-11-15 - 2021-11-17 
開催地(和) 東京都内+EventIn 
開催地(英)  
テーマ(和) 超知性通信ネットワークに関する研究,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RISING 
会議コード 2021-11-RISING 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大容量時空間データ滞留の為のデータ完全性に基づく選択的送信手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Selective Data Transmission Method Based on Data Completeness for Large Spatio-temporal Data Retention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車両ネットワーク / Vehicle Network  
キーワード(2)(和/英) データの地産地消 / Local Production and Consumption of Data  
キーワード(3)(和/英) 時空間データ滞留 / Spatio-Temporal Data Retension  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金安 歩尚 / Hotaka Kaneyasu / カネヤス ホタカ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-16 11:30:00 
発表時間 50分 
申込先研究会 RISING 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会