お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-19 10:50
超簡素化OCDRの提案
清住空樹宮前知弥横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2021-53
抄録 (和) 光ファイバ反射率分布測定法は,ファイバネットワークの健全性を診断する手法として広く研究されている。その中でも,光相関領域反射計(OCDR)は,高い空間分解能や任意の位置を高速に測定できる能力(ランダムアクセス性)を有し,LiDARへの応用がなされるなど幅広い分野で注目を集めている。近年では,このOCDR実験系の簡素化による小型化,低コスト化の研究が進んでおり,これまでに,ヘテロダイン検波のための音響光学変調器(AOM)を撤廃,さらには,参照光路を撤廃した実装法が提案されてきた。さらに信号光路に含まれる複数のエルビウム添加光ファイバ増幅器(EDFA)を撤廃できれば,実質的に光源と光検出器のみで構成される超簡素化システムが構成できると考えられるが,これまでに実験的報告はなされていない。そこで本研究では, EDFAとAOMおよび参照光路の全てを撤廃した,実質的に光源と光検出器のみで構成される超簡素化OCDRを実装し,十分な信号対雑音比で反射率分布測定が行えることを実験的に示した。これにより,OCDRの可搬性および低廉性の向上に寄与できると考えられる。 
(英) Optical fiber reflectometry has been widely studied as a method for diagnosing the soundness of fiber networks. Of numerous reflectometry configurations reported so far, optical correlated-domain reflectometry (OCDR) has attracted considerable attention in a wide range of fields including LiDAR applications because of its high spatial resolution and the capability of measuring arbitrary points at high speed (referred to as random accessibility). To date, the experimental setup of OCDR has been simplified to reduce its size and cost by removing an acousto-optic modulator (AOM) used for heterodyne detection and by removing the reference path. If multiple erbium-doped fiber amplifiers (EDFAs) inserted in the optical signal path can be additionally removed, the system will be super-simplified by the inherent use of only an optical source and a photo detector; however, such a trial has not been reported yet. In this work, we implement a super-simplified OCDR system with no use of the EDFAs, AOM, and reference path used in the conventional systems. We experimentally show that this system can still perform distributed reflectivity sensing with a moderate signal-to-noise ratio, which will boost the portability and cost efficiency of the OCDR technology.
キーワード (和) 光ファイバセンシング / 相関領域反射計 / 反射分布計測 / フレネル反射 / 超簡素化システム / / /  
(英) optical fiber sensing / optical correlation-domain reflectometry / distributed reflectivity sensing / Fresnel reflection / super-simplified system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 252, OFT2021-53, pp. 13-16, 2021年11月.
資料番号 OFT2021-53 
発行日 2021-11-11 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2021-53

研究会情報
研究会 OFT OCS IEE-CMN ITE-BCT  
開催期間 2021-11-18 - 2021-11-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2021-11-OFT-OCS-CMN-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超簡素化OCDRの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Super-simplified optical correlation-domain reflectometry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンシング / optical fiber sensing  
キーワード(2)(和/英) 相関領域反射計 / optical correlation-domain reflectometry  
キーワード(3)(和/英) 反射分布計測 / distributed reflectivity sensing  
キーワード(4)(和/英) フレネル反射 / Fresnel reflection  
キーワード(5)(和/英) 超簡素化システム / super-simplified system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清住 空樹 / Takaki Kiyozumi / キヨズミ タカキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮前 知弥 / Tomoya Miyamae / ミヤマエ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学/横浜国立大学 (略称: 東工大/横浜国大)
Tokyo Institute of Technology/Yokohama National University (略称: Tokyo Tech/YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ひよん / Heeyoung Lee / リ ヒヨン
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第6著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-19 10:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2021-53 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数
発行日 2021-11-11 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会