お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-13 09:00
[ポスター講演]選択性フェージング伝送路における超球面変調方式の性能評価に関する一検討
高柳優斗藤井雅弘宇都宮大WBS2021-39 ITS2021-13 RCC2021-46
抄録 (和) 本発表では,超球面上にシンボル点を配置した超球面変調方式の選択性フェージング伝送路での性能評価を行う.
超球面変調は,多次元で設計されるため,選択性フェージング伝送路でダイバーシティ効果が期待できる.
更に,拡散技術を導入することで,大きなダイバーシティ利得を獲得可能である.
本稿では,数値計算実験により,その性能を評価する. 
(英) In this paper, we evaluate performances of hypersphere modulation scheme whose symbol points are placed on hypersphere in the selective fading channel.
Since the hypersphere modulation is designed in multiple dimensions, it is expected to obtain the diversity effect in the selective fading channel.
Furthermore, by introducing the spreading technique, a large diversity gain can be obtained.
In this paper, we evaluate its performance by numerical experiments
キーワード (和) フェージング / 超球面 / 拡散 / ダイバーシティ / / / /  
(英) fading channel / hypersphere modulation / spread spectrum / diversity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 295, WBS2021-39, pp. 28-33, 2021年12月.
資料番号 WBS2021-39 
発行日 2021-12-06 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2021-39 ITS2021-13 RCC2021-46

研究会情報
研究会 WBS RCC ITS  
開催期間 2021-12-13 - 2021-12-13 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ITS 通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2021-12-WBS-RCC-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選択性フェージング伝送路における超球面変調方式の性能評価に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on performance evaluation for hypersphere modulation on selective fading channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェージング / fading channel  
キーワード(2)(和/英) 超球面 / hypersphere modulation  
キーワード(3)(和/英) 拡散 / spread spectrum  
キーワード(4)(和/英) ダイバーシティ / diversity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 優斗 / Yuto Takayanagi / タカヤナギ ユウト
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅弘 / Masahiro Fujii / フジイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-13 09:00:00 
発表時間 90分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2021-39, ITS2021-13, RCC2021-46 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.295(WBS), no.296(ITS), no.297(RCC) 
ページ範囲 pp.28-33 
ページ数
発行日 2021-12-06 (WBS, ITS, RCC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会