お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-16 15:40
ソース接地にラジアルスタブを用いたシリーズ-シリーズフィードバックD-band CMOS増幅器
町井大輝東北大)・本良瑞樹静岡理工科大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大MW2021-93
抄録 (和) 100 GHzを超えた周波数帯ではCMOS FETの利得が低いため,高利得化手法が必要であり正帰還が有効である.従来の正帰還にディファレンシャル構成のクロスカップルが広く使用されている.しかし,ディファレンシャル構成を取ることで消費電力やチップ面積が2倍になるなどの問題がある.本稿では,シングルエンドで実現できるSeries-series feedback (SSF)という手法をD-band CMOS増幅器適用することを検討する.SSFにより利得が向上する原理を定式的に明らかにして,設計条件を示した.次にSSFをD-band CMOS増幅器へ適用するため,FETのソースにラジアルスタブとショートスタブを使用した新たな利得向上構成を提案した.65nm bulk CMOSプロセスで130 GHz帯SSF増幅器を試作し検証すると,実測で従来の増幅器に対し1.6 dB利得が向上した.これにより,提案手法が有効であることを示した 
(英) Positive feedback is effective to improve the gain since sufficient gain cannot be achieved with over-100 GHz CMOS amplifiers. In conventional positive feedback, cross-coupling with differential configuration is widely used. However, the differential configuration has some problems such as doubling the power consumption and chip area. In this paper, we studied the application of series-series feedback (SSF) to D-band CMOS amplifiers.
First, the principle of gain boost by SSF is formally clarified and its design conditions are presented. Next, a new gain boost topology inserting a radial stub and a short stub in the source of FET is proposed. It is applicable SSF to D-band CMOS amplifiers. A 130 GHz SSF amplifier was fabricated in a 65 nm bulk CMOS process. The measured gain was 1.6 dB higher than a conventional amplifier. It shows the proposed method is effective for gain boost.
キーワード (和) CMOS / 増幅器 / 正帰還 / ラジアルスタブ / ミリ波 / ゲインブースト / D帯 /  
(英) CMOS / Amplifier / Positive feedback / Radial stub / Millimeter-wave / gain boost / D-band /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 303, MW2021-93, pp. 49-54, 2021年12月.
資料番号 MW2021-93 
発行日 2021-12-09 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2021-93

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2021-12-16 - 2021-12-17 
開催地(和) 川崎市産業振興会館 
開催地(英) Kawasaki City Industrial Promotion Hall 
テーマ(和) マイクロ波一般/学生設計試作コンテスト発表会・表彰式 
テーマ(英) Microwave/Presentation and Award Ceremony of SDC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2021-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソース接地にラジアルスタブを用いたシリーズ-シリーズフィードバックD-band CMOS増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Series-Series Feedback D-band CMOS Amplifier using a Radial Stub for Source Grounding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOS / CMOS  
キーワード(2)(和/英) 増幅器 / Amplifier  
キーワード(3)(和/英) 正帰還 / Positive feedback  
キーワード(4)(和/英) ラジアルスタブ / Radial stub  
キーワード(5)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(6)(和/英) ゲインブースト / gain boost  
キーワード(7)(和/英) D帯 / D-band  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 町井 大輝 / Taiki Machii / マチイ タイキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本良 瑞樹 / Mizuki Motoyoshi / モトヨシ ミズキ
第2著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-16 15:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MW 
資料番号 MW2021-93 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数
発行日 2021-12-09 (MW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会