お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-17 14:05
[依頼講演]畳み込みニューラルネットワークを用いた多端末・多基地局間の通信品質予測に関する性能評価
小野央也坂上裕希成川 聖NTTNS2021-108 RCS2021-191
抄録 (和) 複数のネットワークから接続先を選択可能な近年の移動端末を,各ネットワークへ最適に収容することは,通信キャリアがユーザの体感品質を最大化させるうえで重要な課題である.ネットワークと端末の接続パターンを動的に最適化するためには,仮想接続パターンに対する高速・高精度な通信品質予測が必要である.その実現手法として,我々は畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた予測手法を提案しており,シミュレーションより高速かつ,数理モデルより複雑な回帰が可能な手法であることが期待される.本稿では,提案手法に関して系の空間的サイズや予測対象区間を拡張したときの,上り/下りスループットの予測性能評価結果を示す. 
(英) Recent mobile terminals have been able to choose from multiple connection options, and optimally accommodating them to each communication resource is an important issue for network carriers to maximize the user quality of experience. In order to dynamically optimize the connection patterns between base stations and terminals, fast and accurate prediction of communication quality for virtual connection patterns is necessary. We have proposed a prediction method using convolutional neural networks (CNN), which is expected to be faster than network simulation and capable of more complex regression than mathematical models. In this paper, we present the performance evaluation results of the proposed method for predicting uplink and downlink throughputs when the system size and the section to be predicted are extended.
キーワード (和) 無線アクセス / 最適化 / 畳み込みニューラルネットワーク / / / / /  
(英) Wireless Access Network / Optimization / Convolutional Neural Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 301, NS2021-108, pp. 59-64, 2021年12月.
資料番号 NS2021-108 
発行日 2021-12-09 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-108 RCS2021-191

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2021-12-16 - 2021-12-17 
開催地(和) 奈良県文化会館+オンライン開催 
開催地(英) Nara-ken Bunka Kaikan and Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2021-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 畳み込みニューラルネットワークを用いた多端末・多基地局間の通信品質予測に関する性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation on QoS Prediction between Terminals and Access Points Using Convolutional Neural Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線アクセス / Wireless Access Network  
キーワード(2)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(3)(和/英) 畳み込みニューラルネットワーク / Convolutional Neural Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 央也 / Hiroya Ono / オノ ヒロヤ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂上 裕希 / Yuki Sakaue / サカウエ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 成川 聖 / Satoshi Narikawa / ナリカワ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-17 14:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2021-108, RCS2021-191 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.301(NS), no.302(RCS) 
ページ範囲 pp.59-64(NS), pp.82-87(RCS) 
ページ数
発行日 2021-12-09 (NS, RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会