お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-17 11:25
量子コンピューティングを用いた分散アンテナネットワークにおけるオーバーローデッド環境に対するユーザスケジューリングの一検討
花篭慶史高橋 領大山貴博PSNRD)・安達文幸東北大RCS2021-189
抄録 (和) 分散アンテナネットワークでは基地局エリア(セル)内に多数のアンテナを分散配置する.しかし,ネットワーク構築コストの観点から,実際に配置できるアンテナ数に制限が存在する.その際,セル内に存在するユーザ端末の数がアンテナ数を超えた場合(オーバーローデッド環境),通信特性は大幅に劣化する.このような場合はあらかじめエリア内に存在するアクティブユーザを分割し,分割されたユーザ群ごとに時分割,あるいは周波数分割通信を行うユーザスケジューリングを導入することが効果的と考えられる.しかし,アンテナ配置やユーザの分布によって最適なスケジューリングパターンは異なり,また,ユーザ,アンテナ数の増加によって最適なスケジューリングパターンを求めることが困難になることが想定される.そこで本報告では,近年着目されている量子コンピューティングの中でも組合せ最適化問題に特化した量子アニーリングを用いたユーザスケジューリング手法を提案する.エリア内のユーザ,およびアンテナ位置情報を考慮したユーザスケジューリングを行うQUBOを定式化し,量子アニーリングによる求解を行う.リンク容量および公平性を計算機シミュレーションにより評価し,提案手法の有効性を示す. 
(英) In a distributed antenna network, a large number of antennas are distributed over a base station coverage area (cell). However, from a practical view point of network construction cost, the actual number of antennas to be distributed is limited. In this case, if the number of active users in the cell exceeds the number of antennas (i.e., an overloaded environment), the communication quality may degrade. In such a case, it may be effective to introduce user scheduling, where active users are divided into several user groups to which the radio resources are assigned in either time or frequency division principle. However, since the optimal user scheduling depends on the antenna deployment layout and user distribution, it will be difficult to find the optimal scheduling pattern if the number of users and that of antennas are large. In this paper, we propose the quantum annealing-based user scheduling. Quantum annealing is specialized in solving combinational optimization problems among quantum computing that has been attracting attention in recent years. We formulate QUBO for user scheduling taking into account the antenna location information. We evaluate the user capacity, the sum capacity, and the fairness among users by computer simulation to show the effectiveness of interference coordination by quantum computing.
キーワード (和) 分散アンテナネットワーク / オーバーローデッド / スケジューリング / 量子コンピューティング / / / /  
(英) distributed antenna network / overloaded environment / user scheduling / quantum computing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 302, RCS2021-189, pp. 75-80, 2021年12月.
資料番号 RCS2021-189 
発行日 2021-12-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-189

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2021-12-16 - 2021-12-17 
開催地(和) 奈良県文化会館+オンライン開催 
開催地(英) Nara-ken Bunka Kaikan and Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子コンピューティングを用いた分散アンテナネットワークにおけるオーバーローデッド環境に対するユーザスケジューリングの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on User Scheduling for Overloaded Environment in Distributed Antenna Network Using Quantum Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散アンテナネットワーク / distributed antenna network  
キーワード(2)(和/英) オーバーローデッド / overloaded environment  
キーワード(3)(和/英) スケジューリング / user scheduling  
キーワード(4)(和/英) 量子コンピューティング / quantum computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花篭 慶史 / Keishi Hanakago / ハナカゴ ケイシ
第1著者 所属(和/英) パナソニックシステムネットワークス (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab Co., Ltd (略称: PSNRD)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 領 / Ryo Takahashi / タカハシ リョウ
第2著者 所属(和/英) パナソニックシステムネットワークス (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab Co., Ltd (略称: PSNRD)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 貴博 / Takahiro Ohyama / オオヤマ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) パナソニックシステムネットワークス (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab Co., Ltd (略称: PSNRD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-17 11:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2021-189 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.302 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数
発行日 2021-12-09 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会