お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-20 17:20
シフト演算を用いた可逆ブルームルックアップテーブル
貞安峻輔野崎隆之山口大IT2021-52 SIP2021-60 RCS2021-220
抄録 (和) 可逆ブルームルックアップテーブル (IBLT) はkey-valueペアを扱うデータ構造である.
IBLTがサポートする操作の一つにIBLTに格納されたすべてのkey-valueペアを列挙する
リストアップ操作がある.IBLTはセルの個数に対してkey-valueペアの個数が多くなるとリストアップ操作の
成功確率が低くなる.本研究では,
リストアップ操作の成功確率を向上させるために,
key-valueペアを挿入するときにvalueに対してシフト操作を加えるようなIBLTを提案する.
提案手法のリストアップ操作ではzigzag decodable噴水 (ZDF)符号の復号法と同様の手法を用いる.
既存法のIBLTよりもリストアップ操作の成功確率の高いシステムを構成することができた. 
(英) Invertible Bloom Lookup Table (IBLT) is a data structure that deals key-value pairs.
The IBLT supports an operation called listing set entries, which outputs all the key-value pairs in the IBLT.
When the ratio of cells to key-value pairs increases, the success probability of listing set entries decreases.
The purpose of this research is to increase the success probability of listing set entries.
Proposed IBLT employs shift operation to value, when inserting key-value pair in IBLT,
our listing set entries uses a similar method as the decoding of zigzag decodable fountain codes.
Simulation results show that the proposed IBLT system outperforms the IBLT system
in terms of the success probability of listing set entries.
キーワード (和) 可逆ブルームルックアプうテーブル / key-valueペア / リストアップ操作 / シフト演算 / / / /  
(英) IBLT / key-value pairs / listing set entries / shift operation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 327, IT2021-52, pp. 131-136, 2022年1月.
資料番号 IT2021-52 
発行日 2022-01-13 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2021-52 SIP2021-60 RCS2021-220

研究会情報
研究会 RCS SIP IT  
開催期間 2022-01-20 - 2022-01-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2022-01-RCS-SIP-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シフト演算を用いた可逆ブルームルックアップテーブル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shifted Invertible Bloom Lookup Tables 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可逆ブルームルックアプうテーブル / IBLT  
キーワード(2)(和/英) key-valueペア / key-value pairs  
キーワード(3)(和/英) リストアップ操作 / listing set entries  
キーワード(4)(和/英) シフト演算 / shift operation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 貞安 峻輔 / Shunsuke Sadayasu / サダヤス シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 隆之 / Takayuki Nozaki / ノザキ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-01-20 17:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2021-52, SIP2021-60, RCS2021-220 
巻番号(vol) 121 
号番号(no) no.327(IT), no.328(SIP), no.329(RCS) 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数
発行日 2022-01-13 (IT, SIP, RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会