お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-21 10:00
1次方形2次棒状コイル非接触給電のkとRの大変化に対する特性検証 ~ k表記ブロック線図によるS-SP型の負荷電圧安定化のしくみと実証 ~
安倍秀明パナソニックWPT2021-15
抄録 (和) 利用機器の多様化やテクノロジーの進化により,多様な電源システムの共存が始まっている.従来の商用電源に加え,直流電源や非接触給電の活用が増え始めている.共振回路を伴う磁気結合非接触給電の研究が継続されている.送電距離や位置ずれは結合係数kに統一して反映され,負荷の変化は等価抵抗Rの変化として捉えられる.アクティブな制御なしで,kとRの大きな変化を許容するしくみの構築は,まだ発展途上である.筆者は,S-SP型での最適化設計で負荷電圧が「ヘの字」型特性となる有効な手段を既に見出した.今回さらに受電コイルの小型化を狙い1次方形2次棒状コイルによる給電システムを検討した結果,良好な性質を実証したので報告する. 
(英) Research on magnetically coupled wireless power transfer with resonant circuits has been carried out for a long time. In the research process of nearly 30 years, it has become an even bigger trend in recent years. In particular, a lot of knowledge has been accumulated in improving efficiency and stabilizing load voltage and current. In order to increase the transmission distance, which is a benefit, mechanisms and technologies have been accumulated that enable high efficiency and good power supply quality up to the coil size. On the other hand, for variable distances and positions between power transmission and reception coil, active control by inverters and converters on the power transmission and reception side, variable capacitance control, etc. are required, and increasing the system size and cost is problem. The transmission distance and misalignment are unified and reflected in the coupling factor k. The change in load can correspond to the change in equivalent resistance R. The construction of a mechanism that allows large changes in k and R without active control is still under development. The author has already found an effective means for the load voltage to have "Inverted V-shape" characteristic in the optimized design of the S-SP type. This time, a wireless power transfer system using a primary square coil secondary rod coil with the aim of further reducing the size of the power receiving coil is investigated , and as a result, good properties are demonstrated.
キーワード (和) 非接触給電 / S-SP型 / ヘの字特性 / k,R変化ロバスト / 磁気結合給電 / 棒状コイル / /  
(英) Wireless Power Transfer / S-SP Type / Inverted V Shape Characteristic / k&R Change Robust / Rod Coil / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 331, WPT2021-15, pp. 1-4, 2022年1月.
資料番号 WPT2021-15 
発行日 2022-01-13 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2021-15

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2022-01-20 - 2022-01-21 
開催地(和) 鳥取県立生涯学習センター 
開催地(英) Kenmin-Fureai-Kaikan 
テーマ(和) 電波伝搬・無線電力伝送・一般 
テーマ(英) Radio propagation, Wireless transmission technology, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2022-01-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1次方形2次棒状コイル非接触給電のkとRの大変化に対する特性検証 
サブタイトル(和) k表記ブロック線図によるS-SP型の負荷電圧安定化のしくみと実証 
タイトル(英) Wireless Power Transfer by Primary Square Secondary Rod-shaped Coil Having Robust Characteristics for Large Changes in k and R 
サブタイトル(英) Mechanism and demonstration of S-SP Type Load Voltage Stabilization by k Notation Block Diagram 
キーワード(1)(和/英) 非接触給電 / Wireless Power Transfer  
キーワード(2)(和/英) S-SP型 / S-SP Type  
キーワード(3)(和/英) ヘの字特性 / Inverted V Shape Characteristic  
キーワード(4)(和/英) k,R変化ロバスト / k&R Change Robust  
キーワード(5)(和/英) 磁気結合給電 / Rod Coil  
キーワード(6)(和/英) 棒状コイル /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安倍 秀明 / Hideaki Abe / アベ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-01-21 10:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WPT 
資料番号 WPT2021-15 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2022-01-13 (WPT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会