お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-28 09:00
ナイキスト波長分割多重技術による1ペタビット超級光スイッチ
久野拓真三ツ矢拓誠森 洋二郎長谷川 浩名大)・佐藤健一産総研PN2021-40 EMT2021-56 MWP2021-45
抄録 (和) 急増するデータセンタ内トラフィックを効率的に処理するために,大容量光スイッチが必要である.これまでに,空間スイッチと波長ルーティングスイッチを組み合わせた光スイッチが提案されている.この光スイッチのスループットを増加するために,光スイッチ内部の周波数利用効率を向上する必要がある.ナイキスト波長分割多重技術の導入により周波数利用効率の向上が期待できるが,ナイキスト波長分割多重信号のルーティングは深刻なスペクトラム狭窄を誘引するという問題があった.本稿では,ナイキスト波長分割多重技術の利用を可能とする新たな光スイッチ構成を提案する.提案光スイッチは2種のアレイ導波路回折格子により構成され,それらの通過帯域は相互補完的に配置するように設計されている.これにより,スペクトラム狭窄を起こすことなく,ナイキスト波長分割多重信号のルーティングが可能となる.平面導波回路技術により作製したアレイ導波路回折格子対を用いて,本提案構成の性能を実験的に評価した.その結果,8.512 Pbpsのスループットを実現できることを確認した. 
(英) To process exponentially increasing intra-datacenter traffic cost-effectively, high-throughput optical circuit switches are needed. So far, optical switch architecture based on the combination of delivery-and-coupling space switches and wavelength-routing switches has proposed. To increase the switch throughput further, spectrum efficiency of the wavelength-routing switch must be enhanced. The introduction of Nyquist wavelength-division multiplexing (WDM) technology can enhance the spectrum efficiency. However, Nyquist WDM signals are severely impaired by spectrum narrowing caused by arrayed waveguide gratings (AWGs) within the wavelength-routing switch. In this paper, we demonstrate a high-throughput optical circuit switch that can adopt Nyquist WDM technology. Our proposed wavelength-routing switch includes a pair of AWGs whose passbands are interleaved. With the wavelength-routing switch, Nyquist WDM signals can be demultiplexed without spectrum narrowing. We evaluated the performance of our proposed switch using a pair of AWGs implemented by planar lightwave circuit technologies. Experiments show the total switch throughput of 8.512 Pbps.
キーワード (和) データセンタネットワーク / 光スイッチ / ナイキスト波長分割多重 / / / / /  
(英) Datacenter network / Optical switch / Nyquist wavelength-division multiplexing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 350, PN2021-40, pp. 41-45, 2022年1月.
資料番号 PN2021-40 
発行日 2022-01-20 (PN, EMT, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2021-40 EMT2021-56 MWP2021-45

研究会情報
研究会 PN MWP EMT PEM IEE-EMT  
開催期間 2022-01-27 - 2022-01-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2022-01-PN-MWP-EMT-PEM-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ナイキスト波長分割多重技術による1ペタビット超級光スイッチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Beyond 1 Peta-bps Optical Switches Using Nyquist WDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データセンタネットワーク / Datacenter network  
キーワード(2)(和/英) 光スイッチ / Optical switch  
キーワード(3)(和/英) ナイキスト波長分割多重 / Nyquist wavelength-division multiplexing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 拓真 / Takuma Kuno / クノ タクマ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三ツ矢 拓誠 / Takumi Mitsuya / ミツヤ タクミ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-01-28 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2021-40, EMT2021-56, MWP2021-45 
巻番号(vol) 121 
号番号(no) no.350(PN), no.351(EMT), no.352(MWP) 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数
発行日 2022-01-20 (PN, EMT, MWP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会