お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-18 12:45
エンパワメント型アーツセラピーの評価手法
小村みち阪市大)・林 章浩静岡理工科大SWIM2021-31
抄録 (和) 筆者はこの10年,市井におけるアーツセラピー活動についての学際的な共同研究に従事している.これまでの調査から,アーツセラピー活動の全国的な広がりと多様な実態が明らかになってきた.市井におけるアーツセラピー活動では,その目的や担い手(セラピスト)の関わり方が,臨床領域で行われるアーツセラピーとは異なっている.そして,日常生活に近い場で行われるがゆえに,地域の中でさまざまな個人や集団の課題にコミットし,コミュニティや社会の形成に役割を果たしていると考えられる.こうした市井でのアーツセラピー活動を,筆者を含む共同研究チームでは,「エンパワメント型アーツセラピー」として定義した.多様なエンパワメント型アーツセラピー活動の信頼性向上と認知拡大を目指し,評価指標の確立に向けて,活動評価シートを提案する. 
(英) The author has been engaged in the interdisciplinary collaborative research on various types of arts therapy activities conducted in community for the past ten years. The research has revealed the nationwide spread and diversity of arts therapy activities. In arts therapy activities conducted in community, the purposes of activities and the involvement of therapists differ from those of arts therapy conducted in the clinical field. They are thought to function as an element to build our community and society though committing to addressing various issues of individuals and groups in local communities because they are conducted in areas close to people’s daily life. These types of arts therapy activities have been defined as "Empowerment Arts Therapy" in contrast to psychopathological arts therapy by the joint research team including the author. Aiming to increase the credibility and recognition of various types of Empowerments Arts Therapy activities, we should propose the assessment sheet to establish evaluation index for Empowerment Arts Therapy.
キーワード (和) 評価 / アーツセラピー / エンパワメント / コミュニティ / / / /  
(英) assessment / arts therapy / mpowerment / community / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 372, SWIM2021-31, pp. 1-7, 2022年2月.
資料番号 SWIM2021-31 
発行日 2022-02-11 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2021-31

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2022-02-18 - 2022-02-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ビジネス評価と信頼性、学生セッション、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2022-02-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エンパワメント型アーツセラピーの評価手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Assessment for Empowerment Arts Therapy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 評価 / assessment  
キーワード(2)(和/英) アーツセラピー / arts therapy  
キーワード(3)(和/英) エンパワメント / mpowerment  
キーワード(4)(和/英) コミュニティ / community  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小村 みち / Michi Komura / コムラ ミチ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 章浩 / Akihiro Hayashi / ハヤシ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-02-18 12:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 SWIM2021-31 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数
発行日 2022-02-11 (SWIM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会