お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-21 15:20
単レンズ型空間クロスモジュレーション法による3D超解像表示における解像度の検討
張 鑫蕊楠岡本 淳北大)・舟越久敏岐阜大)・張 霜露富田章久北大
抄録 (和) 空間クロスモジュレーション法(SCMM)は,単一の空間光変調器とランダム位相ディフューザを組み合わせることにより,光学複素振幅を再生成できる.仮想空間で得られた拡散波面の中心領域を抽出することにより,単レンズ型クロスモジュレーション法によって光学的複素振幅の3D超解像投影を実現できる.本稿では,提案手法の動作原理を示し,数値シミュレーションにより超解像表示特性ついて検討する.超解像成分を含む入力画像を与えた場合に,再生される3次元画像のピーク信号対雑音比(PSNR)を評価する. 
(英) Spatial cross modulation (SCMM) can regenerate optical complex amplitudes by combining a single spatial light modulator with a random phase diffuser. By extracting the central region of the diffuse wavefront obtained in the virtual space, 3D super-resolution projection of optical complex amplitude can be realized by the single-lens spatial cross-modulation method. In this paper, we show the operating principle of the proposed method and examine the super-resolution display characteristics by numerical simulation. When an input image containing super-resolution components is given, the peak signal-to-noise ratio (PSNR) of the reproduced 3D image is evaluated.
キーワード (和) 空間クロスモジュレーション法 / 超解像 / 3D投影 / ピーク信号対雑音比 / / / /  
(英) Spatial Cross-Modulation Method / Super-resolution / 3D projection / Peak Signal-to-Noise Ratio / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-ME ITE-MMS  
開催期間 2022-02-21 - 2022-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像処理,一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2022-02-AIT-ME-MMS-IE-ITS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 単レンズ型空間クロスモジュレーション法による3D超解像表示における解像度の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resolution in 3D super-resolution projection using single-lens spatial cross modulation method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間クロスモジュレーション法 / Spatial Cross-Modulation Method  
キーワード(2)(和/英) 超解像 / Super-resolution  
キーワード(3)(和/英) 3D投影 / 3D projection  
キーワード(4)(和/英) ピーク信号対雑音比 / Peak Signal-to-Noise Ratio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 鑫蕊楠 / Xinruinan Zhang / チョウ シンルイナン
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Atsushi Okamoto / オカモト アツシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟越 久敏 / Hisatoshi Funakoshi / フナコシ ヒサトシ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 霜露 / Shuanglu Zhang / チョウ ソウロ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 章久 / Akihisa Tomita / トミタ アキヒサ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-02-21 15:20:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号  
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会