お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-02 13:00
瀬戸内海の海水を水中伝送路とした1m級短距離可視光無線通信の室内実験
田中啓太小堀史哉中川朋哉正岡李菓狩屋歩夢石川智也江口聖汰小玉崇宏香川大PN2021-76
抄録 (和) 今回,我々は水中光無線通信において実環境の水中伝送路を模擬するため,実験室内に構築した水中光無線通信の実験系に瀬戸内海の6地点で入手した浅海領域の海水を利用した.本実験では,500 Mbit/s, NRZ-OOK信号の74 cm水中伝送実験において伝送路の海水を変更しながら,ビット誤り率(BER : Bit Error Ratio)測定を実施し,いずれの地点の濁度においても誤り訂正符号によって元の情報を復元できるBER = 3.8×10-3を達成することを確認した. 
(英) In this time, to simulate the underwater transmission line in the natural environment in underwater optical wireless communication, we used seawater in the shallow sea area obtained at 6 points in the Seto Inland Sea for the experimental system of underwater optical wireless communication constructed in the laboratory The bit error rate (BER: Bit Error Ratio) was measured in this experiment while changing the seawater in the transmission line in a 74 cm underwater transmission experiment of 500 Mbit/s, NRZ-OOK signal. We also confirmed that BER = 3.8 × 10-3, which can regenerate the original information by the error correction code, is achieved.
キーワード (和) 水中光無線通信 / 濁度 / 強度変調 / 直接検波 / / / /  
(英) Underwater wireless optical communication / Turbidity / Intensity modulation / Direct detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 386, PN2021-76, pp. 129-133, 2022年3月.
資料番号 PN2021-76 
発行日 2022-02-22 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2021-76

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2022-03-01 - 2022-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2022-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 瀬戸内海の海水を水中伝送路とした1m級短距離可視光無線通信の室内実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An indoor experiment of 1m class short-reach visible optical wireless communication using seawater of the Seto Inland Sea as an underwater transmission line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中光無線通信 / Underwater wireless optical communication  
キーワード(2)(和/英) 濁度 / Turbidity  
キーワード(3)(和/英) 強度変調 / Intensity modulation  
キーワード(4)(和/英) 直接検波 / Direct detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 啓太 / Keita Tanaka / タナカ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 史哉 / Fumiya Kobori / コボリ フミヤ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 朋哉 / Tomoya Nakagawa / ナカガワ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 正岡 李菓 / Momoka Masaoka / マサオカ モモカ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 狩屋 歩夢 / Ayumu Kariya / カリヤ アユム
第5著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 智也 / Tomoya Ishikawa / イシカワ トモヤ
第6著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 江口 聖汰 / Shota Eguchi / エグチ ショウタ
第7著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 小玉 崇宏 / Takahiro Kodama / コダマ タカヒロ
第8著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-02 13:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2021-76 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.129-133 
ページ数
発行日 2022-02-22 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会