お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-03 09:25
既存ジョブスケジューラ製品向けのインターネット越しジョブ実行通信方式の検討
水野 潤松井 章中村 聡日立ICM2021-43
抄録 (和) 「クラウド・バイ・デフォルト原則」の政府方針から顧客オンプレミス環境で動作するジョブスケジューラのクラウド対応が求められる。ジョブスケジューリングはクラウドで可能だが、ジョブ実行はオンプレミス環境の機器も必要であり、セキュアにインターネット越しにクラウドから顧客オンプレミス環境と連携するジョブ実行可能な通信方式が必要である。本研究では顧客オンプレミス環境とクラウドに中継サーバを設置しセキュアにインターネット越し通信を実現する方式を検討した。試作による実機評価でジョブ定義・ジョブ実行・ジョブ監視の通信をセキュアに中継可能、想定するピーク時の最大ジョブ数(5万ジョブ/1時間)を中継可能と確認した。 
(英) Due to the government policy of "cloud by default", there is a need to support cloud computing for job schedulers running on-premises. Since job scheduling can be performed in the cloud, but job execution requires on-premises equipment, a communication method that enables job execution from the cloud to the customer on-premises environment over the Internet in a secure manner has become an issue. In this study, we investigated a method to realize secure communication over the Internet by setting up relay servers in the customer's on-premises environment and the cloud environment. As a result of the evaluation of the prototype, it was confirmed that the communication for job definition, job execution, and job monitoring can be securely relayed and that the maximum number of jobs (50,000 jobs per hour) can be relayed at the assumed peak time.
キーワード (和) クラウド / オンプレミス / ジョブスケジューラ / 中継サーバ / / / /  
(英) Cloud / On-premises / Job Scheduler / Relay Server / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 399, ICM2021-43, pp. 6-11, 2022年3月.
資料番号 ICM2021-43 
発行日 2022-02-24 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2021-43

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2022-03-03 - 2022-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2022-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既存ジョブスケジューラ製品向けのインターネット越しジョブ実行通信方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of a Communication Method for Job Execution over the Internet for Existing Job Scheduler Products 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウド / Cloud  
キーワード(2)(和/英) オンプレミス / On-premises  
キーワード(3)(和/英) ジョブスケジューラ / Job Scheduler  
キーワード(4)(和/英) 中継サーバ / Relay Server  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 潤 / Jun Mizuno / ミズノ ジュン
第1著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, LTD. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 章 / Akira Matsui / マツイ アキラ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, LTD. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, LTD. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-03 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2021-43 
巻番号(vol) 121 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.6-11 
ページ数
発行日 2022-02-24 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会