お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-04 14:30
人狼ゲームにおける振り返り活動を通じた自責的思考を促す支援システムの開発と評価
石井翔大古池謙人東本崇仁東京工芸大ET2021-73
抄録 (和) 自身の学びにおいては,他者に原因を求める他責的思考と比べ,自身に原因を求める自責的思考が有用である.本研究では,人狼ゲームにおいてゲームに負けた状況を対象に,その振り返り活動のなかで自責的思考による振り返りを行う能力の獲得を支援するシステムの開発と評価を行った.提案手法では,まず,学習者が人狼ゲームにおいて失敗してしまった理由と失敗に対する解決策を入力する.システムはその回答をもとに,学習者の思考方法についての説明および改善のためのフィードバックを提示する.フィードバックをもとに自身の思考方法を見直し修正することで,自責的思考による振り返りを行う能力の獲得を促す. 
(英) For learning by myself in social situations, intropunitive thinking which seeks cause from oneself, is more effective than extrapunitive thinking which seeks the cause from others. Wherefore, this study aims to support the acquisition of the reflection ability using intropunitive thinking. Therefore, we developed and evaluated a system to support to reflect in the situation when losing in werewolf games. In the proposed system, learners input the reason why they failed in the werewolf game and the solution to it. Based on the answers, the system provides explanations of the learners' thinking methods and feedback for their improvement. By reviewing and correcting their thinking based on the feedback, the system encourages the learners to acquire the reflection ability using intropunitive thinking.
キーワード (和) 人狼ゲーム / 自責的思考 / 振り返り活動 / 学習支援システム / / / /  
(英) Werewolf Game / Intropunitive / Reflection Activities / Learning Support System / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 406, ET2021-73, pp. 123-128, 2022年3月.
資料番号 ET2021-73 
発行日 2022-02-25 (ET) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2021-73

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2022-03-04 - 2022-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) プログラミング学習支援/一般 
テーマ(英) Programming Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2022-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人狼ゲームにおける振り返り活動を通じた自責的思考を促す支援システムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of an Intropunitive Thinking Support System Through Reflection Activity in Werewolf Game 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人狼ゲーム / Werewolf Game  
キーワード(2)(和/英) 自責的思考 / Intropunitive  
キーワード(3)(和/英) 振り返り活動 / Reflection Activities  
キーワード(4)(和/英) 学習支援システム / Learning Support System  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 翔大 / Shota Ishii / イシイ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古池 謙人 / Kento Koike / コイケ ケント
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東本 崇仁 / Takahito Tomoto / トウモト タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-04 14:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2021-73 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数
発行日 2022-02-25 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会