お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-04 16:25
mMTCにおけるGF-NOMAのための自己組織型電力制御の参照信号伝達範囲に対するロバスト性評価
小田 怜平井健士若宮直紀阪大CAS2021-100 CS2021-102
抄録 (和) 本研究では、massive Machine-Type Communicationsのためのグラントフリー電力軸非直交多元接続の自己組織型電力制御における参照信号の伝達範囲に対するロバスト性を評価する。
提案している自己組織型電力制御では、各端末(センサ等)が、GF-NOMAにおけるパケット受信に必要な参照信号を傍聴することで、電力リソースの利用状況を推定する。
しかしながら、この参照信号の伝達範囲が縮小するほど、利用状況の推定における端末ごとのローカル性が高まるため、自己組織型電力制御の性能が低下する恐れがある。
計算機シミュレーションによって評価したところ、参照信号の伝達範囲が縮小しても、自己組織型電力制御の消費電力は、既存の自律分散電力制御に対して14 dB低減できることが明らかになった。 
(英) This paper investigates the robustness of our distributed power control method for the grant-free non-orthogonal multiple access (GF-NOMA) in massive machine-type communications.
Our method monitors reference signals, used for GF-NOMA, for each terminal (e.g., a sensor) to estimate the utilization of power levels.
As these reference signals reach within a more limited area, the estimated utilization becomes more heterogeneous between terminals, and as a result, our method may show worse performance.
Our simulation results highlighted that our method provided lower power consumption than the existing random power selection method by 14 dB.
キーワード (和) mMTC / グラントフリー / NOMA / SIC / 電力制御 / / /  
(英) mMTC / grant-free / NOMA / SIC / power control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 395, CS2021-102, pp. 141-146, 2022年3月.
資料番号 CS2021-102 
発行日 2022-02-24 (CAS, CS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2021-100 CS2021-102

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2022-03-03 - 2022-03-04 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2022-03-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) mMTCにおけるGF-NOMAのための自己組織型電力制御の参照信号伝達範囲に対するロバスト性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robustness of Distributed Power Control for GF-NOMA in mMTC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) mMTC / mMTC  
キーワード(2)(和/英) グラントフリー / grant-free  
キーワード(3)(和/英) NOMA / NOMA  
キーワード(4)(和/英) SIC / SIC  
キーワード(5)(和/英) 電力制御 / power control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 怜 / Rei Oda / オダ レイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 健士 / Takeshi Hirai / ヒライ タケシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 直紀 / Naoki Wakamiya / ワカミヤ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-04 16:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CS 
資料番号 CAS2021-100, CS2021-102 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.394(CAS), no.395(CS) 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数
発行日 2022-02-24 (CAS, CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会