お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-10 11:40
Ethereumを用いた分散型BIDaaS
菊池淳志見越大樹日大NS2021-133
抄録 (和) 近年,さまざまなサービスにブロックチェーンテクノロジを採用しているグローバル企業が多数見られ,ブロックチェーンテクノロジを利用したIDaaS(IDentity as a Service) が注目されている.IDaaSは,クラウドからID 管理等を提供するサービスである。IDaaSは,複数のクラウドサービスへのシングルサインオンでのログインが可能,サービスを提供する企業での ID 管理等のコストを削減できる.従来のIDaaSは,パスワードの流出による被害が増加や,システム停止により,ログインができなくなる可能性,導入コストの発生等の問題がある.そこで本稿では,ブロックチェーンベースのBIDaaS (Blockchain IDentity as aService)を提案する.BIDaaSにより,従来のIDaaS の課題を解決し,ユーザが適切にサービスを利用できるシステムを構築する. 
(英) In recent years, many global companies have adopted blockchain technology for various services, and IDentity as a Service (IDaaS) using blockchain technology has been attracting attention. IDaaS is a service that provides identity management and other services from the cloud. IDaaS enables single sign-on login to multiple cloud services and reduces the cost of identity management for service providers. Conventional IDaaS has problems such as increased damage due to password leaks, the possibility of not being able to log in due to system shutdowns, and implementation costs. In this paper, we propose a blockchain-based IDentity as a Service (BIDaaS), which solves the problems of conventional IDaaS and builds a system that enables users to use the service appropriately.
キーワード (和) ブロックチェーン / IDaaS / BIDaaS / Ethereum / / / /  
(英) Blockchain / IDaaS / BIDaaS / Ethereum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-133, pp. 64-68, 2022年3月.
資料番号 NS2021-133 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-133

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ethereumを用いた分散型BIDaaS 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Decentralized BIDaaS using Ethereum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロックチェーン / Blockchain  
キーワード(2)(和/英) IDaaS / IDaaS  
キーワード(3)(和/英) BIDaaS / BIDaaS  
キーワード(4)(和/英) Ethereum / Ethereum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 淳志 / Atsushi Kikuchi / キクチ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univercity (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univercity (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-10 11:40:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2021-133 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.64-68 
ページ数
発行日 2022-03-03 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会