お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-10 11:00
Payment Channel Networkにおけるサプライチェーン情報と連動した経路制御方式の検討
西間木 哲宮前 剛小櫻文彦中村允一岡部貴之岡 達也須加純一森永正信富士通NS2021-131
抄録 (和) 近年,ブロックチェーンの低いトランザクションスループットや高額な手数料の問題を解決するために,Payment Channelなどのオフチェーン取引の技術が注目されている.Payment Channelでは,あるノードから送信されたトランザクションを既存のチャネルを使って中継するPayment Channel Network(PCN)を構成することができる.PCNにおいては,これまでPCNに収容されるノード数のスケーラビリティが課題であった.本稿では,この課題を解決するべく,サプライチェーンにおける対価支払いのユースケースに着目したPCNの新たな経路制御方式を検討した.さらに,最悪時間計算量を基にした方式評価を実施し,提案手法の有効性を示した. 
(英) In recent years, off-chain transactions such as Payment Channel have been attracting attention to solve the problems of low transaction throughput and high fees in blockchains. Payment Channel can relay transactions between the nodes forming the channel, which is called Payment Channel Network (PCN). However, PCN has a problem that is scalability of the number of nodes. This paper proposes a novel routing method of PCN focusing on use cases of supply chain. This method has an advantage that size of the routing table can be reduce. In addition, we have compared the proposed method with the conventional method based on the worst-case time complexity, and confirmed potential for improved scalability.
キーワード (和) ブロックチェーン / Payment Channel Network / 経路制御 / スケーラビリティ / / / /  
(英) Blockchain / Payment Channel Network / Routing Method / Scalability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-131, pp. 53-58, 2022年3月.
資料番号 NS2021-131 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-131

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Payment Channel Networkにおけるサプライチェーン情報と連動した経路制御方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Routing Method of Payment Channel Network based on Supply Chain Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロックチェーン / Blockchain  
キーワード(2)(和/英) Payment Channel Network / Payment Channel Network  
キーワード(3)(和/英) 経路制御 / Routing Method  
キーワード(4)(和/英) スケーラビリティ / Scalability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西間木 哲 / Satoru Nishimaki / ニシマキ サトル
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮前 剛 / Takeshi Miyamae / ミヤマエ タケシ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小櫻 文彦 / Fumihiko Kozakura / コザクラ フミヒコ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 允一 / Makoto Nakamura / ナカムラ マコト
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 貴之 / Takayuki Okabe / オカベ タカユキ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 達也 / Tatsuya Oka / オカ タツヤ
第6著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 須加 純一 / Junichi Suga / スガ ジュンイチ
第7著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 森永 正信 / Masanobu Morinaga / モリナガ マサノブ
第8著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu Ltd.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-10 11:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2021-131 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数
発行日 2022-03-03 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会