お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-10 13:05
視線情報と編集ログに基づくステートマシン図課題の躓き調査
木村拓馬小形真平信州大)・槇原絵里奈同志社大)・岡野浩三信州大KBSE2021-55
抄録 (和) ステートマシン図教育では,学習者がモデル記述課題を解く中で躓くことがある.教育者は,学習者の躓きを解消できるよう支援すべきであるが,学習者の躓き箇所を正確に把握するための情報は確立されていない.そこで本研究では,教育者が学習者の躓き箇所を把握するための情報獲得を目指し,躓きを「答案が正解に近づいていない状態」と定義し,躓き箇所での学習者の行動の特徴を視線情報と編集ログの双方から調査した.調査の結果,躓く学習者は,編集ログから導出した答案の進捗度合いに滞りが見られ,滞りが見られた際に編集していた図要素とその必要根拠となる要求文間を往来する視線の動きが多数みられること等がわかった.これらの特徴を基に躓き箇所を推定した結果,学習者の躓き箇所を高い精度で特定できる可能性があることがわかった. 
(英) In state machine diagram education, learners sometimes make errors when solving modeling tasks. Educators should support learners to resolve their errors, but there is still no method to accurately identify learners struggling to resolve their errors. In this study, we defined a leaner error as "a state in which a leaner-created model is not getting closer to the solution example" and investigated the behavioral characteristics of the learners making errors from both eye information and editing logs. As the result of the investigation, we found that the learners’ editing logs can suggest learner errors roughly, and learners in error moved their eyes back and forth many times between the editing diagram element and the corresponding requirement text. When we estimated learner errors based on such characteristics of the eye information and editing logs, we found that such estimation can detect learner errors more accurate than existing methods.
キーワード (和) ステートマシン図 / 躓き / 視線情報 / 編集ログ / / / /  
(英) state machine diagram / learner errors / eye information / editing logs / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 424, KBSE2021-55, pp. 84-89, 2022年3月.
資料番号 KBSE2021-55 
発行日 2022-03-02 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2021-55

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2022-03-09 - 2022-03-10 
開催地(和) オンライン開催 (Zoom) 
開催地(英) Online (Zoom) 
テーマ(和) 一般,学生 
テーマ(英) General, Student 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2022-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線情報と編集ログに基づくステートマシン図課題の躓き調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Learner Errors on State Machine Modeling \Based on Eye Information and Editing Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステートマシン図 / state machine diagram  
キーワード(2)(和/英) 躓き / learner errors  
キーワード(3)(和/英) 視線情報 / eye information  
キーワード(4)(和/英) 編集ログ / editing logs  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 拓馬 / Takuma Kimura / キムラ タクマ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Ogata Shinpei / オガタ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 槇原 絵里奈 / Makihara Erina / マキハラ エリナ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 浩三 / Okano Kozo / オカノ コウゾウ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-10 13:05:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 KBSE2021-55 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.84-89 
ページ数
発行日 2022-03-02 (KBSE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会