お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 10:55
マルチユーザMIMOにおける連続信号を用いた5G簡易評価法
青木 涼西森健太郎佐藤宏紀新潟大AP2021-196
抄録 (和) 第 5 世代移動通信システム( 5G )では,従来の 4G に比べ約 100 倍の大容量伝送が達成できるとして期待が集まっている. 5G は MIMO や OFDMA , LDPC 符号などの最新技術が盛り込まれており,また,マイクロ波帯やミリ波帯での使用がされている.このように複雑なシステムを有する 5G に対し,複数周波数で厳密に伝搬特性を評価するには大きな労力を必要とする.そこで,筆者らは CW 信号のような狭帯域信号を用いて K ファクタと SNR を算出することで 5G のような広帯域 MIMO のデータレートを推定する手法を提案している.本報告ではこれをマルチユーザに拡張した手法を提案し,実際の市街地環境で測定したデータに本手法を適用した結果から本手法の効果について明らかにする. 
(英) Expectations are high for the 5th generation mobile communication system (5G), which is expected to achieve 100 times higher transmission capacity than the conventional 4G system. 5G incorporates the latest technologies such as MIMO, OFDMA, LDPC codes, etc., and will be used in the microwave and millimeter wave bands. Since 5G is such a complex system, it requires a lot of effort to evaluate the propagation characteristics at multiple frequencies. In this paper, we propose a method to estimate the data rate of wideband MIMO systems such as 5G by calculating the K-factor and SNR using narrowband signals such as CW signals. In this paper, we propose an extension of this method to multi-user systems, and clarify the effectiveness of this method by applying it to data measured in an actual urban environment.
キーワード (和) 5G / マルチユーザMIMO / OFDM / 簡易評価 / / / /  
(英) 5G / MU-MIMO / OFDM / Simple Evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 435, AP2021-196, pp. 76-80, 2022年3月.
資料番号 AP2021-196 
発行日 2022-03-03 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2021-196

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMOにおける連続信号を用いた5G簡易評価法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simple Evaluation Method for 5G Using Continues wave in Multi-user MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) マルチユーザMIMO / MU-MIMO  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) 簡易評価 / Simple Evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 涼 / Ryo Aoki / アオキ リョウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 宏紀 / Hiroki Sato / サトウ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-11 10:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2021-196 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.435 
ページ範囲 pp.76-80 
ページ数
発行日 2022-03-03 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会