お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-04-25 14:05
[招待講演]In-Band Network Telemetryによる遅延測定技術の取組み
藤井雅章福田利道山田智紀藤井宏行富士通PN2022-2
抄録 (和) 次世代ネットワークでは,超高速,大容量,低遅延に加え,サービスの要件やリソース状況に合わせて柔軟かつ自律的に運用可能であることが求められている.その実現にはネットワーク仮想化,ネットワークスライシング,ゼロタッチ制御などの技術が必要となるが,その安定的な動作,性能監視やスライス制御判定用のリソースモニタのためのベースとなる技術としてリアルタイムな遅延測定技術が挙げられる.本報告では,P4言語に対応したプログラマブルスイッチによるIn-band Network Telemetry (INT)を活用したネットワーク伝搬遅延,サーバ処理遅延の測定方式や遅延測定結果を基にしたネットワークとコンピュートリソースの自律制御に向けた富士通の取組みを紹介する. 
(英) Next generation network is expected to support flexible and autonomous operation in addition to ultra-high speed, high capacity and low latency. To achieve them, network virtualization, network slicing and zero-touch provisioning are essential technologies and real-time latency measuring is the fundamental technology which monitor the stable operation and performance of the system and collects the information to trigger slicing control. In this report, we introduce our method of monitoring network propagation delay and server processing latency which leverages In-band Network Telemetry (INT) with programmable switches supporting P4 and effort of autonomous control of network and computing resource based on the result of latency monitoring.
キーワード (和) エッジプラットフォーム / MEC / ネットワーク仮想化 / 低遅延 / 遅延測定技術 / P4 / In-band Network Telemetry /  
(英) Edge Platform / MEC / Network Function Virtualization / Low Latency / Latency Monitoring / P4 / In-band Network Telemetry /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 10, PN2022-2, pp. 9-13, 2022年4月.
資料番号 PN2022-2 
発行日 2022-04-18 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2022-2

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2022-04-25 - 2022-04-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 信号処理, 光デバイス, 光システム, 光ネットワーク, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2022-04-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) In-Band Network Telemetryによる遅延測定技術の取組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Latency monitoring by in-band network telemetry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジプラットフォーム / Edge Platform  
キーワード(2)(和/英) MEC / MEC  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク仮想化 / Network Function Virtualization  
キーワード(4)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(5)(和/英) 遅延測定技術 / Latency Monitoring  
キーワード(6)(和/英) P4 / P4  
キーワード(7)(和/英) In-band Network Telemetry / In-band Network Telemetry  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅章 / Masaaki Fujii / フジイ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 利道 / Toshimichi Fukuda / フクダ トシミチ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 智紀 / Tomonori Yamada / ヤマダ トモノリ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 宏行 / Hiroyuki Fujii / フジイ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-04-25 14:05:00 
発表時間 50 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2022-2 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.9-13 
ページ数
発行日 2022-04-18 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会