お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-05-19 10:00
MIaC:クラウドインフラ構築における疎結合なデプロイ依存関係の解消法
新井悠介那須弘志Santosh Maurya日立ICM2022-1
抄録 (和) クラウド市場が拡大する中、クラウドネイティブ技術によるインフラ構築において、IaC(Infrastructure as Code)によるテンプレートを作成・組み合わせることで現場SEの負担を軽減できる。しかしテンプレートの増加に伴いテンプレート同士の依存関係が増加し、密結合化を引き起こす問題がある。本研究ではテンプレートの事前条件・事後条件をテストコードで定義したModular IaC(MIaC)テンプレートによって、要件からテンプレート間の依存関係を自動で解決する方法を提案した。MIaCによってテンプレート同士の疎結合性が担保されたことに加え、実案件を想定したPoV評価では、依存関係解消によって現場SEのデプロイ迅速化が可能であることを実証した。 
(英) As the cloud market expands, creating and combining IaC (Infrastructure as Code) templates for infrastructure construction using cloud-native technologies can reduce the burden on on-site SEs. However, as the number of templates increases, the number of dependencies between templates increases, causing a problem of tight coupling. In this study, we proposed a method to automatically resolve dependencies among templates from requirements by using Modular IaC (MIaC) templates, in which pre-conditions and post-conditions of templates are defined by test codes. The PoV evaluation demonstrated that the dependency resolution can speed up the deployment of on-site SEs
キーワード (和) クラウドネイティブ / IaC / テンプレート / 事前条件 / 事後条件 / テスト / /  
(英) Cloud-native / IaC / Templates / Pre-conditions / Post-conditions / Testing / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 32, ICM2022-1, pp. 1-5, 2022年5月.
資料番号 ICM2022-1 
発行日 2022-05-12 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2022-1

研究会情報
研究会 ICM IPSJ-CSEC IPSJ-IOT  
開催期間 2022-05-19 - 2022-05-20 
開催地(和) 長野ターミナル会館+サブ会場 
開催地(英)  
テーマ(和) サービス管理,運用管理技術,セキュリティ管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2022-05-ICM-CSEC-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIaC:クラウドインフラ構築における疎結合なデプロイ依存関係の解消法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MIaC: How to Resolve Loosely Coupled Deployment Dependencies in Building Cloud Infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドネイティブ / Cloud-native  
キーワード(2)(和/英) IaC / IaC  
キーワード(3)(和/英) テンプレート / Templates  
キーワード(4)(和/英) 事前条件 / Pre-conditions  
キーワード(5)(和/英) 事後条件 / Post-conditions  
キーワード(6)(和/英) テスト / Testing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 悠介 / Yusuke Arai / アライ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 弘志 / Hiroshi Nasu / ナス ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Santosh Maurya / Santosh Maurya / サントッシュ マウリャ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-05-19 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2022-1 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.32 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数
発行日 2022-05-12 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会