お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-05-20 13:25
クラウドの可用性向上に向けた環境構築自動化手法の提案
西田寿雄日立ICM2022-7
抄録 (和) ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応し,競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーションが注目されている.これに伴い,業務要件や処理量の変化に応じて簡単にスケールイン・アウトが可能なクラウド活用市場が拡大している.一方,クラウド上のサービス運用では,提供サービスやプラットフォームの定期アップデートが必要となっており,運用負荷が高まっている.本稿では,アップデートに伴う検証環境の構築やサービスのデプロイと動作検証,環境移行やロールバックに至る一連の処理の自動化を提案,その有効性について述べる. 
(英) Digital transformation is attracting attention for its ability to respond flexibly and quickly to business changes and to enhance competitive advantage. In line with this, the market for the use of cloud computing, which can be easily scaled in and out according to changes in business requirements and processing volume, is expanding. On the other hand, the operation of services in the cloud requires periodic updates of the provided services and platforms, increasing the operational burden. This paper proposes the automation of a series of processes from the construction of a verification environment for updates, deployment and operation verification of services, environment migration, and rollback, and describes the effectiveness of this automation.
キーワード (和) クラウド / 環境構築 / 可用性 / 自動化 / AWS / / /  
(英) Cloud / Environment Construction / Availability / Automation / AWS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 32, ICM2022-7, pp. 30-35, 2022年5月.
資料番号 ICM2022-7 
発行日 2022-05-12 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2022-7

研究会情報
研究会 ICM IPSJ-CSEC IPSJ-IOT  
開催期間 2022-05-19 - 2022-05-20 
開催地(和) 長野ターミナル会館+サブ会場 
開催地(英)  
テーマ(和) サービス管理,運用管理技術,セキュリティ管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2022-05-ICM-CSEC-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドの可用性向上に向けた環境構築自動化手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Automatic Environment Construction Method to Improve Cloud Availability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウド / Cloud  
キーワード(2)(和/英) 環境構築 / Environment Construction  
キーワード(3)(和/英) 可用性 / Availability  
キーワード(4)(和/英) 自動化 / Automation  
キーワード(5)(和/英) AWS / AWS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 寿雄 / Toshio Nishida / ニシダ トシオ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 研究開発グループ (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. Research & Development Group (略称: Hitachi, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-05-20 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2022-7 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.32 
ページ範囲 pp.30-35 
ページ数
発行日 2022-05-12 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会