お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-05-27 14:50
直流給電用AC/DCコンバータに特殊巻線構造変圧器を用いることによる損失低減効果の検討
池田和樹岩﨑祐翔雪田和人松村年郎七原俊也後藤泰之愛知工大)・加藤彰訓河村電器産業EE2022-6
抄録 (和) 近年,脱炭素化の観点から太陽光発電や燃料電池などの分散型電源の普及が進められており,発電した電力を有効に利用するために直流給電システムが注目されている。直流給電システムを導入するためには,既存の交流系統と接続するためにAC/DCコンバータが必要不可欠である。そこで筆者らはAC/DCコンバータに利用される変圧器に着目した。従来方式のAC/DCコンバータでは,変圧器を多相化することにより電力品質を向上させることができる。しかし,従来の方式で変圧器を多相化する場合,千鳥結線などの位相巻線を組み合わせて変圧器の二次側相数を増やすため,二次側巻線の増加に伴う変圧器の大型化や巻線の増加によるコストの増加が欠点となる。そこで,筆者らは,特殊巻線構造を用いることにより,二次側結線の増加を最小減に抑えることが可能な特殊巻線構造変圧器を提案している。本論文では,AC/DCコンバータに特殊巻線構造により多相化した変圧器を用いた場合と,従来の結線方式により多相化した変圧器を用いた場合の損失を計算によって求め,比較検討を行った。その結果,特殊巻線構造を6相変圧器に用いた場合では,従来方式の6相Δ-YΔ変圧器と比較して損失が増加してしまうが,特殊巻線構造を12相変圧器に用いることにより従来方式と比較して僅かに損失を低減することが可能であることが分かった。 
(英) In recent years, distributed power generation systems, such as photovoltaic power generation and fuel cells, have become increasingly popular from the viewpoint of decarbonization, and DC power feeding systems are attracting attention for their effective use of generated power. In order to introduce a DC power supply system, an AC/DC converter is indispensable to connect it to the existing AC grid. Therefore, the authors focused on transformers used in AC/DC converters. In conventional AC/DC converters, power quality can be improved by using multiphase transformers. However, when a transformer is multiphased using the conventional method, the number of phases on the secondary side of the transformer is increased by combining phase windings such as staggered connections, which leads to the disadvantage of a larger transformer due to the increase in secondary side windings and higher costs due to the increase in windings. Therefore, the authors have proposed a transformer with a special winding structure that can minimize the increase in secondary-side windings by using a special winding structure. In this paper, the authors calculated and compared the losses of an AC/DC converter with a multiphase transformer with a special winding structure and with a multiphase transformer with a conventional connection method. As a result, it was found that the loss increased when the special winding structure was used in a 6-phase transformer compared to the conventional 6-phase Δ-YΔ transformer, but the loss could be slightly reduced by using the special winding structure in a 12-phase transformer compared to the conventional method.
キーワード (和) 直流 / 直流給電システム / AC/DCコンバータ / 特殊巻線構造変圧器 / 損失 / / /  
(英) Direct current / DC Power Supply System / AC/DC converter / Special winding structure transformer / Power Loss / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 51, EE2022-6, pp. 28-33, 2022年5月.
資料番号 EE2022-6 
発行日 2022-05-20 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2022-6

研究会情報
研究会 EE IEE-HCA  
開催期間 2022-05-27 - 2022-05-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) スイッチング電源,家庭向け情報通信機器のエネルギー技術,照明,再生可能エネルギー, 一般 
テーマ(英) Switching power supply, New industrial and home appliance for power, others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2022-05-EE-HCA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直流給電用AC/DCコンバータに特殊巻線構造変圧器を用いることによる損失低減効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of loss reduction effect by using a special winding structure transformer in AC/DC converter for DC power supply 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直流 / Direct current  
キーワード(2)(和/英) 直流給電システム / DC Power Supply System  
キーワード(3)(和/英) AC/DCコンバータ / AC/DC converter  
キーワード(4)(和/英) 特殊巻線構造変圧器 / Special winding structure transformer  
キーワード(5)(和/英) 損失 / Power Loss  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 和樹 / Kazuki Ikeda / イケダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩﨑 祐翔 / Yuto Iwasaki / イワサキ ユウト
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 雪田 和人 / Kazuto Yukita / ユキタ カズト
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 年郎 / Toshiro Matsumura / マツムラ トシロウ
第4著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 七原 俊也 / Toshiya Nanahara / ナナハラ トシヤ
第5著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 泰之 / Yasuyuki Goto / ゴトウ ヤスユキ
第6著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 彰訓 / Akinori Kato / カトウ アキノリ
第7著者 所属(和/英) 河村電器産業株式会社 (略称: 河村電器産業)
Kawamura Electric Inc. (略称: Kawamura Electric)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-05-27 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EE 
資料番号 EE2022-6 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.51 
ページ範囲 pp.28-33 
ページ数
発行日 2022-05-20 (EE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会