お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-09 11:25
死なれてしまった人のプライバシー
吉永敦征山口県立大SITE2022-6
抄録 (和) 本論文では、死者のプライバシーという表現について、その実質的な内容を考慮し、死なれてしまった人のプライバシー侵害と表現を変更することを提案する。まず、死者にプライバシーを適用することの奇妙さを死の形而上学の議論を踏まえて指摘する。次に、実際に死者のプライバシー問題が、生きている人間のプライバシー問題であると理解されている兆しを示す。最後に、プライバシーが問題となるのは、誰かに死なれてしまった人に発生することを示す。結果として、死なれてしまった人にプライバシーを還元することで、死者のプライバシー問題を容易に理解できるようになることを述べる。 
(英) This paper proposes that the expression
privacy of the deceased” should be replaced by the expression “The violation of privacy of the people around someone who dies.” Three arguments are made to demonstrate the necessity of replacing the former expression. First, it argues that applying the concept of privacy to the deceased seems strange based on the metaphysics of death. Second, in actuality the word privacy is often used not only in reference to the deceased but to the people around the deceased. Third, it demonstrates that privacy loss often occurs to the people around somebody who dies. As a result, the concept of the privacy of the deceased” can be understood more easily only by focusing on the people around someone who dies.
キーワード (和) プライバシー / 死者 / 死の形而上学 / / / / /  
(英) privacy / deceased / metaphysics of death / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 61, SITE2022-6, pp. 35-39, 2022年6月.
資料番号 SITE2022-6 
発行日 2022-06-02 (SITE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2022-6

研究会情報
研究会 SITE IPSJ-EIP  
開催期間 2022-06-09 - 2022-06-10 
開催地(和) 立教大学(オンライン開催の可能性あり) 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報セキュリティ,知的財産,プライバシー,及び IT社会問題一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2022-06-SITE-EIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 死なれてしまった人のプライバシー 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The violation of privacy of the people around someone who dies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プライバシー / privacy  
キーワード(2)(和/英) 死者 / deceased  
キーワード(3)(和/英) 死の形而上学 / metaphysics of death  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 敦征 / Nobuyuki Yoshinaga / ヨシナガ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 山口県立大学 (略称: 山口県立大)
Yamaguchi Prefectural University (略称: Yamaguchi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-09 11:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SITE 
資料番号 SITE2022-6 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数
発行日 2022-06-02 (SITE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会