お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-10 14:25
量子ウォークを再現するランダムウォークの推移確率の骨格構造
山上智輝東大)・瀬川悦生横浜国大)・田中健一郎巳鼻孝朋レーム アンドレ堀﨑遼一成瀬 誠東大NLP2022-19 CCS2022-19
抄録 (和) 本報告では,量子ウォークと呼ばれる数理モデルの確率分布を再現するランダムウォーク(quantum-walk-replicating random walk; QWRW)を構成する際に制御される推移確率の解析を行う.推移確率の位置に対するグラフは,複雑な振動を有しながらも時間変化に依存しない「骨格構造」を持つ.まずは QWRW の推移確率の具体例に触れながら,この骨格構造を裏付ける数学的主張を提示する.その上で骨格構造の数学的な定義を与え,その性質を調べる.さらに,この骨格構造を直接推移確率とするランダムウォークを定義し,量子ウォークで見られる性質に近い挙動をより単純なモデルでも観察可能であることを示す. 
(英) In this report, we analyze the transition probabilities of random walk replicating the probability distribution of quantum walks. The graph for the position of the transition probability has a ``skeleton structure'' that does not depend on time variation even though it has complicated oscillation. First, we present a mathematical statement to support this skeleton structure, touching on an example of QWRW transition probabilities. Then, we give a mathematical definition of the skeleton structure and investigate its properties. Furthermore, we define a random walk whose transition probabilities are defined as the skeleton structure directly and introduce that it is possible to observe behavior close to the one seen in quantum walks even with a simpler model.
キーワード (和) 量子ウォーク / ランダムウォーク / 推移確率 / / / / /  
(英) quantum walk / random walk / transition probability / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 66, CCS2022-19, pp. 94-99, 2022年6月.
資料番号 CCS2022-19 
発行日 2022-06-02 (NLP, CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2022-19 CCS2022-19

研究会情報
研究会 CCS NLP  
開催期間 2022-06-09 - 2022-06-10 
開催地(和) 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2022-06-CCS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子ウォークを再現するランダムウォークの推移確率の骨格構造 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The skeletal structure of transition probabilities on quantum-walk-replicating random walks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子ウォーク / quantum walk  
キーワード(2)(和/英) ランダムウォーク / random walk  
キーワード(3)(和/英) 推移確率 / transition probability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山上 智輝 / Tomoki Yamagami / ヤマガミ トモキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬川 悦生 / Etsuo Segawa /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 健一郎 / Ken'ichiro Tanaka / タナカ ケンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳鼻 孝朋 / Takatomo Mihana / ミハナ タカトモ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) レーム アンドレ / Andre Roehm / レーム アンドレ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀﨑 遼一 / Ryoichi Horisaki / ホリサキ リョウイチ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 誠 / Makoto Naruse / ナルセ マコト
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-10 14:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CCS 
資料番号 NLP2022-19, CCS2022-19 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.65(NLP), no.66(CCS) 
ページ範囲 pp.94-99 
ページ数
発行日 2022-06-02 (NLP, CCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会