お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-10 09:30
負荷側のインピーダンスを考慮した寄生結合の調整による三相インバータ回路のコモンモード電圧低減
甲斐太基サンデン)・松嶋 徹福本幸弘九工大)・髙田康平小林孝次サンデンEMCJ2022-15
抄録 (和) 近年のスイッチング素子の高速化に伴い、パワーエレクトロニクス機器から生じる電磁妨害波も広帯域化している。高い周波数帯の電磁雑音をフィルタ等で低減する場合、素子の寄生結合を考慮する必要があり、EMC設計法の高周波化が困難となる。そこで、従来からインピーダンスバランス法によるコモンモード電圧低減法が提案されてきた。スイッチング素子近傍の寄生容量と電源供給系の寄生インダクタンスを設計変数として考慮することで、コモンモード電圧が低減可能である。一方、パワーエレクトロニクス機器の負荷側に対する影響はあまり考慮されていない。本報告では、コモンモードのみを扱う等価回路モデルを作成し、負荷側のインピーダンスを考慮した場合の三相インバータ回路のコモンモード電圧低減効果について検証した。負荷側のコモンモードインピーダンスが低い場合に、スイッチング素子近傍の寄生容量を調整してコモンモード電圧を低減する効果は下がることを回路計算により示した。 
(英) In recent years, as switching devices have increased in switching speed, electromagnetic disturbances generated from power electronic equipment have also become broadband.
When electromagnetic noise in the high frequency range is reduced by common mode filters, parasitic coupling of the devices must be considered, thus making it difficult to use higher frequencies in EMC design. Therefore, a common mode voltage reduction based on the impedance balance method has been proposed in the past. By considering parasitic capacitance near switching elements and parasitic inductance of the power supply system as design variables, common mode voltage can be reduced. On the other hand, the effect on the load side of power electronic equipment has not been well considered. In this report, we developed an equivalent circuit model that deals only with common mode and verified the effect of common mode voltage reduction in a three-phase inverter circuit when the impedance of the load side is considered. Circuit calculations show that when the common-mode impedance on the load side is low, the effect of reducing the common-mode voltage by adjusting the parasitic capacitance near the switching device is reduced.
キーワード (和) 三相インバータ / コモンモード電圧 / 寄生結合 / / / / /  
(英) Three-phase inverter circuit / common mode voltage / parasitic coupling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 67, EMCJ2022-15, pp. 5-10, 2022年6月.
資料番号 EMCJ2022-15 
発行日 2022-06-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2022-15

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2022-06-10 - 2022-06-10 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2022-06-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 負荷側のインピーダンスを考慮した寄生結合の調整による三相インバータ回路のコモンモード電圧低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Common-mode voltage reduction by controlling parasitic impedance around three-phase inverter circuit with consideration of load circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三相インバータ / Three-phase inverter circuit  
キーワード(2)(和/英) コモンモード電圧 / common mode voltage  
キーワード(3)(和/英) 寄生結合 / parasitic coupling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐 太基 / Taiki Kai / カイ タイキ
第1著者 所属(和/英) サンデン株式会社 (略称: サンデン)
SANDEN (略称: SANDEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 徹 / Tohlu Matsushima / マツシマ トオル
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
SANDEN (略称: SANDEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福本 幸弘 / Yuki Fukumoto / フクモト ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
SANDEN (略称: SANDEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙田 康平 / Kohei Takada / タカダ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) サンデン株式会社 (略称: サンデン)
SANDEN (略称: SANDEN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 孝次 / Koji Kobayashi / コバヤシ コウジ
第5著者 所属(和/英) サンデン株式会社 (略称: サンデン)
SANDEN (略称: SANDEN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-10 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2022-15 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.67 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数
発行日 2022-06-03 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会