お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-16 13:25
アンテナゲイン高精度予測のための光束分離法の提案
小木曽 望阪公立大)・鈴木優希松下征矢阪府大)・田中宏明防衛大AP2022-30
抄録 (和) 衛星搭載用などセグメント分割された反射鏡におけるアンテナ利得解析において,Ruze則による推定式では,分割されたペタル境界の段差における電波干渉の影響により物理光学解析との誤差が大きく異なる場合がある.この干渉を幾何光学で近似するために電波を2本の光束に分けて近似する手法を提案した.そして,数値計算例を通して,提案手法は,Ruze則と同程度の計算速度でありながら,物理光学解析と同程度の高精度でアンテナ利得が得られることを示す. 
(英) This research proposes a flux separation method for antenna gain analysis to achieve both high approximation accuracy and high computational efficiency for a radio-telescope antenna consisting of segmented reflector surfaces. To achieve high approximation accuracy, the proposed method considers the effect of diffraction occurring at the segmented reflector boundary by introducing the separation of the flux reflected around gap boundaries into their own and neighboring reflectors with adequately distributed electric field intensities. The efficiency of the proposed method is demonstrated through numerical examples for our proposed balloon-borne smart Cassegrain antenna system.
キーワード (和) アンテナ利得 / 幾何光学解析 / 光束分離近似 / セグメント分割 / 回折 / / /  
(英) Antenna gain analysis / geometrical optics / flux separation approximation / segmented reflector surface / diffraction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 80, AP2022-30, pp. 7-12, 2022年6月.
資料番号 AP2022-30 
発行日 2022-06-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-30

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2022-06-16 - 2022-06-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンテナゲイン高精度予測のための光束分離法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flux Separation Method for Highly Accurate Antenna Gain Prediction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アンテナ利得 / Antenna gain analysis  
キーワード(2)(和/英) 幾何光学解析 / geometrical optics  
キーワード(3)(和/英) 光束分離近似 / flux separation approximation  
キーワード(4)(和/英) セグメント分割 / segmented reflector surface  
キーワード(5)(和/英) 回折 / diffraction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小木曽 望 / Nozomu Kogiso / コギソ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 大阪公立大学 (略称: 阪公立大)
Osaka Metropolitan University (略称: Osaka Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 優希 / Yuki Suzuki / スズキ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 征矢 / Seiya Matsushita / マツシタ セイヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏明 / Hiroaki Tanaka /
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-06-16 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2022-30 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.80 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2022-06-09 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会