お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-16 09:50
CSMA/CAを用いた自律分散制御における情報転送が合意制御品質に与える影響
木村玲太小林健太郎中條 渉名城大RCS2022-41
抄録 (和) CSMA/CA通信方式を用いて自律分散制御を行う際、制御対象同士の情報交換において、隠れ端末やバックオフ時間の重複でパケットの衝突、バックオフ時間により制御周期内での送信機会の損失が発生し,合意制御品質が劣化する問題がある。本稿では、これらによる情報欠損を補うために情報転送手法を提案する。情報転送を行うことにより、周囲から得られる情報を増やすことができ、合意制御品質の向上につながると考える。また、CSMA/CA方式により情報交換を行う際に発生する通信バックオフと各制御対象の制御周期にも着目し、それらと情報転送が合意制御品質に与える影響について明らかにする。 
(英) In autonomous decentralized control using CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance), there is a problem that the quality of consensus control deteriorates due to packet collisions caused by hidden terminals and overlapped backoff times, and loss of transmission opportunities within a control period due to backoff times. In this paper, we propose an information transfer method to compensate for the information loss caused by these factors. The information transfer can increase information obtained from the surroundings and improve the consensus control quality. We also focus on the communication backoff and the control period, and clarify how they and information transfer affect the consensus control quality.
キーワード (和) 無線制御 / 自律分散制御 / 合意制御 / CSMA/CA / 情報転送 / / /  
(英) Wireless control / Distributed control / Consensus Control / CSMA/CA / Information Transfer / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 73, RCS2022-41, pp. 102-107, 2022年6月.
資料番号 RCS2022-41 
発行日 2022-06-08 (RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2022-41

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2022-06-15 - 2022-06-17 
開催地(和) 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催 
開催地(英) University of the Ryukyus, Senbaru Campus and online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2022-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CSMA/CAを用いた自律分散制御における情報転送が合意制御品質に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Information Transfer on Consensus Control Quality in CSMA/CA-Based Autonomous Decentralized Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線制御 / Wireless control  
キーワード(2)(和/英) 自律分散制御 / Distributed control  
キーワード(3)(和/英) 合意制御 / Consensus Control  
キーワード(4)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(5)(和/英) 情報転送 / Information Transfer  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 玲太 / Ryota Kimura / キムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 渉 / Wataru Chujo / チュウジョウ ワタル
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-16 09:50:00 
発表時間 10分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2022-41 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.73 
ページ範囲 pp.102-107 
ページ数
発行日 2022-06-08 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会