お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-16 14:50
DoS攻撃を伴う耐侵入システムの区間信頼性解析に関する考察
鄭 俊俊立命館大)・岡村寛之土肥 正広島大R2022-8
抄録 (和) 本稿では,DoS攻撃の対象となる予防保全を伴う耐侵入システムの過渡動作に着目する.システムの動作はゼミマルコフによって表現する.区間信頼性は システムの信頼性と可用性の両方の観点から統一された信頼性の指標である.本稿では,耐侵入システムの区間信頼性を計算する方法について議論する.特に更新報酬プロセスに基づき,ラプラス・スティルチェス変換を用いて任意稼働時間での区間信頼性の過渡動作を分析的に定式化する. 
(英) This paper focuses on the transient behavior of intrusion tolerant systems with preventive maintenance subject to DoS (Denial of Service) attacks. The system behavior is described by a semi-Markov model. The interval reliability is a unified dependability measure from the viewpoint of both system reliability and system availability. The paper considers how to calculate the interval reliability of intrusion tolerant systems. Particularly, we formulate the transient behavior of the interval reliability analytically at an arbitrary operation time using the renewal reward process and Laplace-Stieltjes (LS) transform technique.
キーワード (和) 区間信頼性 / セミマルコフ / 再生関数 / DoS攻撃 / 耐侵入性 / 予防保全 / /  
(英) Interval reliability / semi-Markov model / renewal function / DoS (Denial of Service) attack / intrusion tolerance / preventive maintenance / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 79, R2022-8, pp. 13-18, 2022年6月.
資料番号 R2022-8 
発行日 2022-06-09 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2022-8

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2022-06-16 - 2022-06-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 信頼性一般 
テーマ(英) Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2022-06-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) DoS攻撃を伴う耐侵入システムの区間信頼性解析に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Interval Reliability Analysis of Intrusion Tolerant Systems Subject to DoS Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 区間信頼性 / Interval reliability  
キーワード(2)(和/英) セミマルコフ / semi-Markov model  
キーワード(3)(和/英) 再生関数 / renewal function  
キーワード(4)(和/英) DoS攻撃 / DoS (Denial of Service) attack  
キーワード(5)(和/英) 耐侵入性 / intrusion tolerance  
キーワード(6)(和/英) 予防保全 / preventive maintenance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 俊俊 / Junjun Zheng / テイ シュンシュン
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 寛之 / Hiroyuki Okamura / オカムラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土肥 正 / Tadashi Dohi / ドヒ タダシ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-16 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2022-8 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2022-06-09 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会