お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-17 15:00
[ポスター講演]局所的な真偽判定を用いた敵対的学習に基づく教師なし音声処理歪み補正
荻野里久西城耕平早大)・藤枝 大OKI)・小川哲司早大SP2022-13
抄録 (和) 本研究では,収音したいエリアに含まれる音源を強調するエリア収音の後処理として用いる歪み補正器を,教師無し学習する方式について検討した. エリア収音は非線形なアプローチに基づく音声強調処理である. 目的音と同方向に妨害音が配置されているなど, 線形のビームフォーミングに基づく手法では目的音の強調が困難な場面で用いられるが,人工的な処理歪みがスペクトル上で局所的に生じるという課題を持つ.先行研究では,観測信号と正解信号の対(ペアデータ)を用いた教師あり学習により, 処理歪みを低減するネットワークの学習が行われた.しかし,実環境において正解信号を大量に得ることは現実的でなく,正解信号なしにネットワークを学習できることが望ましい.そこで本研究では,教師なし敵対的生成ネットワーク(GAN)の枠組みを用い,人工的な歪みを補正するネットワークの構築を試みた.また,局所的に生じる処理歪みを効果的に補正するために,敵対的学習における識別器に真偽判定を局所的に行える枠組みを適用した.妨害音と同方向にある目的音を強調する実験において,エリア収音の出力信号で生じた歪みを提案方式で補正することの有効性を確認した. 
(英)
キーワード (和) 敵対的生成ネットワーク / 深層ニューラルネットワーク / 教師なし音声強調 / 信号処理歪補正 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 81, SP2022-13, pp. 49-54, 2022年6月.
資料番号 SP2022-13 
発行日 2022-06-10 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2022-13

研究会情報
研究会 SP IPSJ-MUS IPSJ-SLP  
開催期間 2022-06-17 - 2022-06-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音学シンポジウム2022 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2022-06-SP-MUS-SLP 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 局所的な真偽判定を用いた敵対的学習に基づく教師なし音声処理歪み補正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 敵対的生成ネットワーク /  
キーワード(2)(和/英) 深層ニューラルネットワーク /  
キーワード(3)(和/英) 教師なし音声強調 /  
キーワード(4)(和/英) 信号処理歪補正 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 里久 / / オギノ リク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西城 耕平 / / サイジョウ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤枝 大 / / フジエダ マサル
第3著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 哲司 / / オガワ テツジ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-06-17 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 SP 
資料番号 SP2022-13 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数
発行日 2022-06-10 (SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会