お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-17 15:25
超音波と微小気泡による血液脳関門開放に関するゲル毛細血管ファントムを用いた検討
新里美瑠加藤祐次橋本 守・○工藤信樹北大MBE2022-10
抄録 (和) 抗がん剤の1つであるドキソルビシン(以下DOX)の副作用低減策として,直径約160 nmのアルブミン粒子の表面にドキソルビシンを付着させたアルブミンナノ粒子(以下DOX-Alb)が開発されている.我々は,血管内にDOX-Albと微小気泡を投与した上で腫瘍に超音波を照射することにより局所薬物送達を実現する手法について検討している.本研究では,手法の基本的な有効性を検証するために,直径10 µmの内腔を有するアクリルアミド製の毛細血管ファントムを開発した.さらに,作成したファントムの内腔にDOXもしくはDOX-Albと微小気泡を導入する実験を行い,作成したファントムが,生体の毛細血管と同様に低分子量のDOXを拡散,直径約160 nmのDOX-Albを内腔に滞留させる特性を有することを確認した.また,ファントムに中心周波数1 MHz,最大負圧1 MPa,波数50波もしくは1,000波の超音波を1回照射し,超音波によって誘導される気泡の膨張・収縮がDOX拡散の増強,内腔の局所的変形とDOX-Albの漏出を誘導することを示した.本ファントムは,毛細血管内で起きている現象を理解する上で重要な役割を果たすものと期待できる. 
(英) DOX-Alb is albumin nanoparticles of approximately 160 nm in diameter with anticancer drug doxorubicin (DOX) adhering to their surfaces. DOX-Alb is used to deliver the drug to tumor tissue by intravascular injection of DOX-Alb with microbubbles and sonication. This study developed a capillary phantom with a 10 µm diameter lumen using acrylamide gel to validate the basic idea method. An experiment to introduce DOX or DOX-Alb into the lumen confirmed that the phantom has the characteristics of diffusing low molecular weight DOX and retaining DOX-Alb nanoparticles inside the lumen, as in biological capillaries. Another experiment to irradiate the phantom by one-shot ultrasound burst pulse (1 MHz, 1 MPa in negative peat pressure, and 50 or 1,000 cycles) showed that bubble oscillation enhances DOX diffusion and induces lumen deformation and leakage of DOX-Alb. This phantom is expected to play an essential role in understanding the phenomena occurring in capillaries.
キーワード (和) 超音波 / 微小気泡 / 薬物送達 / 毛細血管 / ゲルファントム / ナノ粒子 / /  
(英) Ultrasound / microbubbles / drug delivery / capillary / gel phantom / nano particles / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 82, MBE2022-10, pp. 12-12, 2022年6月.
資料番号 MBE2022-10 
発行日 2022-06-10 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2022-10

研究会情報
研究会 MBE IEE-MBE  
開催期間 2022-06-17 - 2022-06-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2022-06-MBE-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波と微小気泡による血液脳関門開放に関するゲル毛細血管ファントムを用いた検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies on ultrasonically and microbubble-induced blood-brain barrier opening using a gel capillary phantom 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 / Ultrasound  
キーワード(2)(和/英) 微小気泡 / microbubbles  
キーワード(3)(和/英) 薬物送達 / drug delivery  
キーワード(4)(和/英) 毛細血管 / capillary  
キーワード(5)(和/英) ゲルファントム / gel phantom  
キーワード(6)(和/英) ナノ粒子 / nano particles  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新里 美瑠 / Miryu Shinzato / シンザト ミリュウ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 祐次 / Kato Yuji / カトウ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 守 / Hashimoto Mamoru / ハシモト マモル
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 信樹 / Nobuki Kudo / クドウ ノブキ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-06-17 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 MBE2022-10 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.82 
ページ範囲 p.12 
ページ数
発行日 2022-06-10 (MBE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会