お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-18 13:00
[ポスター講演]コロナ禍における児童の音声および口唇運動の収録
北村達也甲南大)・白勢彩子学芸大SP2022-16
抄録 (和) 児童の長・短母音生成時の口唇運動を撮影するため,ヘルメットにアクションカメラを固定したシステムを製作した.撮影中に児童の頭部を安定させるため,カメラアームの重量やその固定位置に配慮した.収録した映像と音声より各フレームの開口高さと音素区間を求め,アノテーションツールELAN上で口唇運動を分析できるようにした. 
(英) Children's lip movements and speech were recorded by a head-mounted, downward facing action camera and voice recorder during the production of Japanese long and short vowels.
The weight of the camera arm and its fixed position on a helmet were considered to stabilize the child's head during the recording.
The height of the mouth opening and phoneme segments were obtained from the recorded video and audio and displayed together with the media on the annotation tool ELAN to analyze the lip movements.
キーワード (和) 口唇運動 / アクションカメラ / バンジーヘルメット / 音素セグメンテーション / ELAN / / /  
(英) lip motion / action camera / bungee helmet / phoneme segmentation / ELAN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 81, SP2022-16, pp. 67-70, 2022年6月.
資料番号 SP2022-16 
発行日 2022-06-10 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2022-16

研究会情報
研究会 SP IPSJ-MUS IPSJ-SLP  
開催期間 2022-06-17 - 2022-06-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 音学シンポジウム2022 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2022-06-SP-MUS-SLP 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) コロナ禍における児童の音声および口唇運動の収録 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recording of children's speech and lip movements in the Corona disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 口唇運動 / lip motion  
キーワード(2)(和/英) アクションカメラ / action camera  
キーワード(3)(和/英) バンジーヘルメット / bungee helmet  
キーワード(4)(和/英) 音素セグメンテーション / phoneme segmentation  
キーワード(5)(和/英) ELAN / ELAN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 達也 / Tatsuya Kitamura / キタムラ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 甲南大学 (略称: 甲南大)
Konan University (略称: Konan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白勢 彩子 / Ayako Shirose / シロセ アヤコ
第2著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-18 13:00:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 SP 
資料番号 SP2022-16 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数
発行日 2022-06-10 (SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会