お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-20 10:55
[ショートペーパー]Wireless Powered伝送システムにおける通信プロトコルに関する一検討
佐々木重信齋藤瑞奈新潟大SRW2022-2
抄録 (和) 本報告では、周囲の電波をエネルギーとして獲得するRF-エネルギーハーベスティング(RF-EH)機能を 有する Wireless Powered 伝送システムにおける通信プロトコルについて検討する。無線センサネットワーク (Wireless Sensor Network: WSN)では、主にセンサ端末のバッテリ容量の制限やその使用目的から長寿命化が重要な 課題となっている。ここでは RF-EH 機能を持つ複数のセンサ端末が中継局へデータ伝送を行う場合について、ラン ダムアクセスプロトコルの一種である Slotted ALOHA、ポーリングに基づく PCEH(Point Coordination with Energy Harvesting)、無線 LAN で用いられている CSMA/CA の 3 種類のプロトコルについて、時間経過に伴うセンサ端末 のバッテリ残量及び様々な条件での運用持続時間について特性評価と比較を行った。その結果運用持続時間につい ては、Slotted ALOHA では送信端末台数の増加に伴い大きく減少するのに対し CSMA/CA や PCEH では台数の増加 による減少は少ないことがわかった。 
(英) In this report, we discuss communication protocols for wireless powered transmission systems with RF-Energy Harvesting (RF-EH) functionality, in which ambient radio waves are acquired as energy. In Wireless Sensor Networks (WSN), long-time operation is an important issue due to the limited battery capacity of sensor terminals and various potential applications such as infrastructure monitoring. In this report, the case where multiple sensor terminals with RF-EH function transmit data to a relay station is considered with different case of communication protocol. The following protocols are considered: Slotted ALOHA, PCEH (Point Coordination with Energy Harvesting) that is polling-based protocol, and CSMA/CA used in wireless LANs. The battery life of the sensor terminals over time and their durations under various conditions were evaluated and compared for three protocols. Simulation results show that CSMA/CA and PCEH have fairly good operation lifetime with respect to the number of sensor terminals than slotted ALOHA.
キーワード (和) Wireless Powered伝送 / プロトコル / slotted ALOHA / CSMA/CA / / / /  
(英) wireless powered communication / communication protocol / slotted ALOHA / CSMA/CA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 83, SRW2022-2, pp. 6-9, 2022年6月.
資料番号 SRW2022-2 
発行日 2022-06-13 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2022-2

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2022-06-20 - 2022-06-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) WLAN,WPAN,Adhoc関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2022-06-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wireless Powered伝送システムにおける通信プロトコルに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Wireless Powered Communication Protocols 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wireless Powered伝送 / wireless powered communication  
キーワード(2)(和/英) プロトコル / communication protocol  
キーワード(3)(和/英) slotted ALOHA / slotted ALOHA  
キーワード(4)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 瑞奈 / Mizuna Saito / サイトウ ミズナ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-06-20 10:55:00 
発表時間 15 
申込先研究会 SRW 
資料番号 SRW2022-2 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.83 
ページ範囲 pp.6-9 
ページ数
発行日 2022-06-13 (SRW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会