お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-24 10:00
ランダムサンプリングとPatient characteristics形式の統計の組み合わせの匿名性と有用性
北村憲太イルバン ムハンマド山口利恵東大IA2022-10 ICSS2022-10
抄録 (和) データの利活用にはプライバシー侵害のリスクが伴う. そのようなリスクに配慮し匿名加工した情報にはど の程度の匿名加工でどの程度有用性が保たれるかのトレードオフ関係がある. 近年, 匿名加工手法にランダムサンプリ ングを組み合わせることで匿名性を保ったまま有用性を上げることが提案されている. そこで本報告では統計情報の匿 名性に注目し, 医療統計情報の Patient characteristics とランダムサンプリングを組み合わせることを提案する. その 結果有用性に関しては 10000 サンプリングで 2% 以下の誤差で医学統計で用いられるクロス集計表の推定を行えた. 匿 名性に関してはサンプルから生データの再識別はできないが同種攻撃による匿名性の侵害に似たリスクが指摘された. 
(英) Data utilization has privacy invasion risks. Considering such risks, there is a trade-off between anonymity and usefulness of anonymized information.Recently, random sampling combined with anonymization methods is proposed for the usefulness while maintaining anonymity. In this report, we focus on the anonymity of statistical information and combine random sampling with medical statics patient characteristics.As a result, re- garding the usefulness, we can estimate the crosstabulation table used in medical statistics with less than 2 percent error for 10000 samplings. Regarding anonymity, although the raw data cannot be re-identified from the samples, there is a risk of anonymity invasion due to homogeneous attacks like.
キーワード (和) ランダムサンプリング / patient characteristics / ヘルスケア / / / / /  
(英) Random sampling / patient characteristics / healthcare / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 86, ICSS2022-10, pp. 55-60, 2022年6月.
資料番号 ICSS2022-10 
発行日 2022-06-16 (IA, ICSS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2022-10 ICSS2022-10

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2022-06-23 - 2022-06-24 
開催地(和) 長崎県立大学シーボルト校 
開催地(英) Univ. of Nagasaki 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2022-06-IA-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダムサンプリングとPatient characteristics形式の統計の組み合わせの匿名性と有用性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anonymity and Usefulness of combining Random sampling and Patient characteristics format statistics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムサンプリング / Random sampling  
キーワード(2)(和/英) patient characteristics / patient characteristics  
キーワード(3)(和/英) ヘルスケア / healthcare  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 憲太 / Kenta Kitamura / キタムラ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) イルバン ムハンマド / Irvan Mhd / イルバン ムハンマド
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 利恵 / Rie Shigetomi Yamaguchi / ヤマグチ リエ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-24 10:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IA2022-10, ICSS2022-10 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.85(IA), no.86(ICSS) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数
発行日 2022-06-16 (IA, ICSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会